JR西日本は2日、京阪神エリアや岡山・福山エリアの路線を対象に提供している同社サイト上で遅延証明書を発行するサービスに関して、対象線区と発行時間帯を拡大するとともに、遅延証明書をPDFで保存できる機能を2月26日5時から追加すると発表した。

サービス提供線区(青で示した線区)

このサービスは、対象線区において5分以上の遅延が発生した場合に、その線区での最大の遅延時分を掲載した遅延証明書をサイト上に掲載するもの。今回、すでにサービスを提供している線区も含め、発行時間帯を「始発~7:00」「7:00~9:00」「9:00~10:00」「10:00~17:00」「17:00~最終」の5区分に拡大する。掲載後は24時間取得可能で、過去45日間の遅延証明書まで取得できる。

在来線の普通列車(新快速・快速含む)が対象とされ、特急列車は対象外。なお、2月26日から京阪神・和歌山・北近畿エリア、4月1日から岡山・福山エリアにて、駅で配布している紙の遅延証明書の発行を取り止める。

#JR西日本 #電車


JR西日本、サイト上の遅延証明書サービス拡大 – 紙の証明書は廃止

関連記事

横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

「回数券」は死語になる!? 鉄道回数券の相次ぐ廃止でも激安で乗る「裏技」はまだある!

新幹線「ALFA-X」&「はやぶさ10周年記念」Tシャツの予約販売開始

【youtube】天橋立駅でぶらぶらしつつ撮り鉄してみた

「西武園ゆうえんち」5/19オープン、ゴジラのアトラクションも登場

【ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路】お子様の“鉄分”補給にぴったりな鉄道ルームが誕生!