猫の手も借りて鬼とウイルスの退治を——。「猫駅長」で知られる福島県会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅で節分の2日、2代目名誉駅長「らぶ」と、施設長「ぴーち」、駅員見習い「さくら」の3匹が新型コロナウイルスの早期収束と安全運行を願い、豆まきをした。

 3匹は、人気漫画「鬼滅の刃(やいば)」のキャラクターのお面を付け、駅員が手伝いながら愛嬌(あいきょう)とともに落花生を振りまいた。

 同駅では10年近く、猫による豆まきをしている。駅員の小林真理奈さん(36)は「今年は、コロナが早く消えてほしいという思いを込めて、らぶちゃんたちが頑張って鬼退治をした」と話していた。【三浦研吾】

#温泉


猫の手と「鬼滅」の力借りてウイルス退治 福島・会津若松で猫駅長が豆まき

関連記事

JR東日本と農産物流通プラットフォームを共同運用

Suica対応Fitbit Charge 4が登場 日本のFitbitユーザーの移動と買い物がより快適に

【youtube】雪景色の長崎電気軌道の路面電車を撮り鉄してみた

鉄道業界はMaaSやワーケーションで地域観光再生に貢献 日観振が「日本の観光再生宣言」

電車飛び込み死亡、窓ガラス突き破り「乗客」巻き添え…鉄道会社は「責任」を負うの?

西武鉄道オンラインショップがオープン 秋には5000系・001系HOゲージ金属製ディスプレイモデルも登場