猫の手も借りて鬼とウイルスの退治を——。「猫駅長」で知られる福島県会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅で節分の2日、2代目名誉駅長「らぶ」と、施設長「ぴーち」、駅員見習い「さくら」の3匹が新型コロナウイルスの早期収束と安全運行を願い、豆まきをした。

 3匹は、人気漫画「鬼滅の刃(やいば)」のキャラクターのお面を付け、駅員が手伝いながら愛嬌(あいきょう)とともに落花生を振りまいた。

 同駅では10年近く、猫による豆まきをしている。駅員の小林真理奈さん(36)は「今年は、コロナが早く消えてほしいという思いを込めて、らぶちゃんたちが頑張って鬼退治をした」と話していた。【三浦研吾】

#温泉


猫の手と「鬼滅」の力借りてウイルス退治 福島・会津若松で猫駅長が豆まき

関連記事

JR特急が停車しない、那覇以外の唯一の県庁所在地はどこか?

夜行快速「いでゆ」で目指すは「朝風呂」……秩父鉄道6000系で行くノスタルジック・ツアー発売へ

「撮り鉄」山添拓・参院議員、線路立ち入りで書類送検…「道と勘違い」

JR四国「予土線 Fun Fun 祭り」6つのラッピング列車が予土線に集結

JR九州「SL人吉」車内で伝統工芸品「きじ馬」の絵付け体験スタート

JR北海道、札幌駅周辺で北海道新幹線高架橋工事 – 2022年に着手へ