伊予鉄道は低床式の新型LRT車両(次世代型路面電車)5000形を2両(5007・5008)追加導入し、2月5日から営業運転を開始すると発表した。伊予鉄道の新型LRT車両は計8両での運行となる。

低床式の新型LRT車両5000形。2両を追加導入する

伊予鉄道の新型LRT車両は「乗ってみたくなる未来型流線型デザインの車両」とされ、「IYOTETSU チャレンジプロジェクト」として実施しているオレンジ色のカラーリングにより愛媛らしさを表現している。低床バリアフリー型車両でもあり、既存の2100形との比較で通路幅は24cm拡幅され、定員数は約28%増の60名となる。

「えひめ Free Wi-Fi」の導入をはじめ、行先表示の英語表記や英語での車内アナウンスにより、外国人観光客にも対応。車内にデジタルサイネージを導入して中吊り広告をなくし、広々とした車内になっている。環境負荷の低減として、回生ブレーキを採用したほか、照明装置をLED化し、省エネルギー化も図っている。

新型LRT車両5000形イメージ
新型LRT車両5000形(5007・5008)

#車両新造 #改造 #電車 #中小私鉄 #三セク #路面電車 #LRT


伊予鉄道の新型LRT車両5000形、2両を追加導入 – 営業運転は2/5から

関連記事

「トレインマスク ノスタルジー」名列車がモチーフのマスクを発売

「ドクターイエロー」とE5系「はやぶさ」のフォーク&スプーン発売

プラレール「スピードジェット」商品化、西武鉄道とのコラボ映像も

【youtube】新 鉄道ひとり旅〜秋田内陸縦貫鉄道編ショート版〜

旧国鉄福知山機関区の歴史と鉄道員の奮闘ここに SL専門誌が特集

京阪3000系「プレミアムカー」連結、平日の快速特急「洛楽」に乗車