伊予鉄道は低床式の新型LRT車両(次世代型路面電車)5000形を2両(5007・5008)追加導入し、2月5日から営業運転を開始すると発表した。伊予鉄道の新型LRT車両は計8両での運行となる。

低床式の新型LRT車両5000形。2両を追加導入する

伊予鉄道の新型LRT車両は「乗ってみたくなる未来型流線型デザインの車両」とされ、「IYOTETSU チャレンジプロジェクト」として実施しているオレンジ色のカラーリングにより愛媛らしさを表現している。低床バリアフリー型車両でもあり、既存の2100形との比較で通路幅は24cm拡幅され、定員数は約28%増の60名となる。

「えひめ Free Wi-Fi」の導入をはじめ、行先表示の英語表記や英語での車内アナウンスにより、外国人観光客にも対応。車内にデジタルサイネージを導入して中吊り広告をなくし、広々とした車内になっている。環境負荷の低減として、回生ブレーキを採用したほか、照明装置をLED化し、省エネルギー化も図っている。

新型LRT車両5000形イメージ
新型LRT車両5000形(5007・5008)

#車両新造 #改造 #電車 #中小私鉄 #三セク #路面電車 #LRT


伊予鉄道の新型LRT車両5000形、2両を追加導入 – 営業運転は2/5から

関連記事

今年も開催決定!第8回「大宮えきフェス by 大宮駅RENKETSU祭」

2021年10月1日で引退する2階建て新幹線E4系Max車両基地取材と足跡を記録した保存版!『旅と鉄道』増刊10月号「ありがとうE4系Max」を発売します

ハワイに75年ぶり鉄道開通!"乗り鉄″バイデン大統領が目指す高速鉄道網

JR東日本「わくぞく京葉車両センターツアー」社員考案のイベントも

JR東日本185系、南房総を周遊する日帰りツアー11/3実施 – 撮影会も

鉄道博物館「山手線展 ~やまのてせんが丸くなるまで~」10/9から