鉄道駅の無人化で移動の自由を侵害されたとして、大分市内の障害者3人がJR九州に損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が4日、大分地裁で行われる。写真は無人化されたJR敷戸駅(大分市)=1月30日撮影 

#JR


障害者ら、駅無人化で訴訟

関連記事

近鉄「ひのとり」も登場する『ノッて♪行こうスペシャル』3/14放送

「プラレール」トーマスシリーズ新商品「超特急のケンジ」セットに

鹿島臨海鉄道、大洗~鹿島神宮間を減便 – 昼間は2時間に1本の運転

いすみ鉄道、土休日ダイヤの減便など実施 – 急行列車は1往復のみに

伊豆急行、185系「踊り子」最終運行で利用者・撮影者に「お願い」

レトロゲームとコラボ、JR北海道「流氷物語号」感動のフィナーレ