東日本旅客鉄道(JR東日本)は、Fitbitが今後発売予定のウェアラブルデバイス「Fitbit Charge 4」(Suica対応モデル)で、3月上旬からSuicaが利用可能になると予告した。現行のFitbit Charge 4ではSuicaは利用できず、Suicaに対応した新型機の発売時期は改めて発表されるとのこと。
利用できる機能・サービスは、Suicaの新規発行やクレジットカード及び現金でのチャージ、鉄道利用や買い物、残高表示、履歴表示、払い戻し(手数料220円)など。別途利用登録などを行うことで、タッチでGo! 新幹線や、新幹線eチケットサービス、スマートEXなどにも対応する予定。

#Suica #東日本 #発売 #JR東日本


Suicaが新型「Fitbit Charge 4」で利用可能に。3月上旬から

関連記事

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示