京成電鉄は夜間作業時間の確保や新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、3月27日から京成本線の一部区間において、最終列車の時刻繰上げと始発列車の時刻繰下げを実施すると発表した。

京成電鉄が3月27日から最終列車の時刻繰上げ、始発列車の時刻繰下げを実施

最終列車の繰上げは京成佐倉行、京成成田行、京成津田沼行において実施。その他、夜間時間帯において一部列車の運転時刻を変更するほか、相互直通運転を行う各社局の最終列車繰上げに伴う行先・列車種別の変更が行われる。

平日の京成佐倉行に関して、現行の押上駅24時11分発、京成佐倉行の通勤特急は京成高砂行の普通に変更。京成高砂~京成佐倉間は運転を取りやめる。新たに京成上野駅23時40分発、京成佐倉行の快速を設定し、この列車が京成大久保駅から京成佐倉駅までの最終列車となる。これにともない、都営浅草線・京成押上線方面から京成大久保~京成佐倉間の各駅への最終列車は押上駅23時47分発・京成高砂駅23時58分着、印西牧の原行の普通を利用した上で、京成高砂駅にて京成佐倉行の快速へ乗換えとなる。土休日は現行のの時刻より1分程度繰り上げるが、行先などは変更されない。

平日の京成成田行に関して、現在、大佐倉~京成成田間の各駅への最終列車である京成上野駅23時30分発、京成成田行の普通は京成上野駅23時12分発に繰り上げる。土休日については現行の時刻のまま、変更は行われない。

平日の京成津田沼行に関して、京成小岩~京成津田沼間の各駅への最終列車である京成上野駅23時56分発、京成津田沼行の普通を京成上野駅23時52分発に繰り上げる。土休日については現行の時刻より2分程度の繰上げが実施される。

始発列車の繰下げは宗吾参道発京成上野行、京成津田沼発京成上野行、京成高砂発京成上野行において実施。これにともない早朝の一部列車の運転時刻も変更される。

宗吾参道発京成上野行に関して、現在、宗吾参道~京成津田沼間の各駅で始発列車となっている宗吾参道駅4時35分発、京成上野行の普通を宗吾参道駅4時39分発とし、4分繰り下げる。この影響で、京成津田沼駅にて宗吾参道発の始発列車から千葉中央方面下り始発列車への乗換えができなくなる。

京成津田沼発京成上野行に関して、現在、京成津田沼~京成高砂間の各駅で始発列車となっている京成津田沼4時41分発、京成上野行の普通を京成津田沼駅4時51分発とし、10分繰り下げる。京成高砂発京成上野行に関して、現在、京成高砂~京成上野間の各駅で始発列車となっている京成高砂4時45分発、京成上野行の普通を京成高砂駅4時55分発とし、10分繰り下げる。

#京成電鉄 #ダイヤ改正 #電車


京成電鉄、3/27から一部区間で最終列車・始発列車の時刻を変更へ

関連記事

JR東日本「空間自在ワークプレイス」実験「新幹線オフィス」も予定

東武鉄道、社有林の間伐材で作ったベンチを沿線の希望者に寄贈へ

東武鉄道「スペーシア」デビュー当時のリバイバルカラー車両が登場

京急電鉄、1000形新造車両を新たに3編成 – 2021年度の設備投資計画

近鉄、7/3ダイヤ変更 – 最終列車繰上げ、本数・区間の見直しなど

JR中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業、2028年度内竣工めざす