西日本鉄道は3月13日に実施する天神大牟田線のダイヤ改正に関する詳細内容を発表した。新型コロナウイルス感染症などの影響による働き方や行動様式の変化にともない、利用動向が大きく変化しており、今回の改正では利用状況に合わせ、終電時刻繰上げを含む深夜帯の減便、日祝ダイヤの新設に加え、利用実態に合わせた減便など実施する。

西鉄天神大牟田線の特急。ダイヤ改正後、平日昼間の特急が急行に変更され、11~14時台の特急は0本に

ダイヤ改正の対象路線は天神大牟田線(太宰府線・甘木線を含む)。平日ダイヤは終電時刻の繰上げを含む夜間帯・昼間帯の減便を実施する。おもに西鉄福岡(天神)~西鉄二日市間を減便し、西鉄二日市~大牟田間はおおむね現行本数を維持する。早朝と朝夕ラッシュ時間帯についてはおおむね現行通りとする。

時間帯別に見ると、21時以降の夜間帯において終電時刻を約15~30分繰り上げるとともに、21時以降の減便が行われる。11~15時台の昼間帯においては、西鉄福岡(天神)~西鉄小郡間の急行を減便。あわせて利便性維持のため、西鉄福岡(天神)~大牟田間の特急を急行に変更し、西鉄福岡(天神)~西鉄二日市間の普通を西鉄小郡駅まで延伸する。この変更により、11~14時台における1時間あたりの運行本数は、現行の特急2本・急行4本・普通6本に対し、改正後は特急0本・急行4本・普通6本となる。

土曜ダイヤでは、終電繰上げを含む深夜帯と朝の時間帯の減便を実施。運行本数は現行の654本から642本となり、12本減便される。23時以降の深夜帯において、終電時刻を約15分繰り上げ、減便も実施。朝6~8時台には、おもに西鉄福岡(天神)駅発着の列車を減便する。

現行の土休日ダイヤ(共通)を各曜日の利用実態に合わせるため、日祝ダイヤを新設する。昼間帯は改正後の土曜日と同じだが、終電繰上げを含む深夜帯に加え、利用特性に合わせて朝時間帯と18時以降の減便を行う。18時以降の減便では、終電時刻を約15分繰り上げるとともに、19~21時台の西鉄福岡(天神)駅発着の列車を中心に減便を実施。朝6~8時台においては、土曜ダイヤと同様、おもに西鉄福岡(天神)駅発着の列車を減便する。

太宰府線では平日・土日祝日のダイヤにて最終電車の時刻を約15分繰り上げ、その他の時間帯は時刻の変更のみ行い、運行本数に変更はない。甘木線は時刻の変更のみ行い、運行本数の変更は実施されない。

#ダイヤ改正 #電車 #西鉄(西日本鉄道)


西鉄天神大牟田線、3/13ダイヤ改正 – 平日11~14時台の特急が0本に

関連記事

炭鉱電車、最後の雄姿…警笛鳴らしながらラストラン

沢口靖子と勝村政信、「縁結びツアー」へ…『鉄道捜査官』3年ぶり最新作

五輪専用「夜行新幹線」はなぜ幻に終わったのか 組織委に懸念された「鉄道ファン」の存在

「ねこトレイン」登場 「猫遺産」企画第2弾 平成筑豊鉄道

JR西日本ダイヤ改正、越美北線の下り始発列車は3時間以上の繰下げ

JR西日本ダイヤ改正、快速「とっとりライナー」一部を普通列車に