西日本鉄道は、天神大牟田線と貝塚線の一部区間の運賃変更(値上げ)を3月6日から実施すると発表した。国から認可されている運賃(上限運賃)を下回る設定を行っている区間において、上限運賃と同額にする。新型コロナウイルス感染症の影響により、利用者が減少している中、今後も安全・安心かつ持続的な輸送サービスを提供し続けるために実施するとのこと。

西鉄天神大牟田線・貝塚線の一部区間で3月6日から運賃が値上げに

対象券種は普通乗車券(現金)、ICカード(SF利用のみ)、普通回数券など。定期券は運賃変更の対象外となる。対象区間は天神大牟田線の7~17km区間と貝塚線の4~11km区間で、天神大牟田線は10~20円、貝塚線は10~40円の値上げとなる。

運賃変更の実施に合わせ、1月29日から同社サイトにて案内するとともに、2月上旬からすべての駅でポスターを掲出し、チラシの配布も実施する。

#電車 #西鉄(西日本鉄道)


西鉄、天神大牟田線と貝塚線の一部区間で運賃値上げ – 3/6から実施

関連記事

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も

JR東日本E4系「Max」親子限定の新幹線車両基地ツアー – 8/19開催

「JR富山駅ビル」白色を基調にデザイン、立山連峰の雪景色イメージ