西日本鉄道は、天神大牟田線と貝塚線の一部区間の運賃変更(値上げ)を3月6日から実施すると発表した。国から認可されている運賃(上限運賃)を下回る設定を行っている区間において、上限運賃と同額にする。新型コロナウイルス感染症の影響により、利用者が減少している中、今後も安全・安心かつ持続的な輸送サービスを提供し続けるために実施するとのこと。

西鉄天神大牟田線・貝塚線の一部区間で3月6日から運賃が値上げに

対象券種は普通乗車券(現金)、ICカード(SF利用のみ)、普通回数券など。定期券は運賃変更の対象外となる。対象区間は天神大牟田線の7~17km区間と貝塚線の4~11km区間で、天神大牟田線は10~20円、貝塚線は10~40円の値上げとなる。

運賃変更の実施に合わせ、1月29日から同社サイトにて案内するとともに、2月上旬からすべての駅でポスターを掲出し、チラシの配布も実施する。

#電車 #西鉄(西日本鉄道)


西鉄、天神大牟田線と貝塚線の一部区間で運賃値上げ – 3/6から実施

関連記事

東海道新幹線0系・N700SをNゲージサイズに、ファミマで発売 – 京商

185系の写真を約120点、JR東京駅構内で8日から「メモリアル185系おもいで館写真展」開催

列車内でハンバーガー頬張った女性を告発、韓国

熊本電気鉄道、『オフィスおかん』の活用で従業員の健康意識向上 人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率向上を目指す

リニア・鉄道館10周年イベント、開館当時の写真展示やプレゼントも

JR東日本、駅の役割変革へ3駅をモデル駅に – 駅ナカカレッジ開校も