宇都宮市は芳賀・宇都宮LRT(宇都宮ライトレール)の開業時期について、2023年3月に延期すると発表した。宇都宮ライトレールは、JR宇都宮駅東口から本田技研前まで約14.6kmを結ぶ予定の路線。宇都宮市と芳賀町が軌道整備を行い、両自治体と民間が出資する新会社「宇都宮ライトレール」が運行する公設型上下分離方式で運営する。

宇都宮市が芳賀・宇都宮LRT(宇都宮ライトレール)の開業時期を延期すると発表

宇都宮市によれば、2020年12月末の時点で、同市域にて事業面積全体の約95%を取得し、工事も整備区間の約8割で実施しているが、残りの約2割は未着手だという。事業用地の取得も新型コロナウイルス感染症の影響等で時間を要しており、今後1年程度の期間を要すると想定。当初予定していた2022年3月の開業が困難になったことから、開業時期を1年程度延ばすこととした。

今年度末の納入をめざし、新造しているLRT車両第1編成目は、納入時期が2カ月程度遅れる見込み。新型コロナウイルス感染症の影響で、外国製部品の調達が遅れていることが原因だという。

現地の施工条件への対応や建設需要の増加などの要因により、事業費は大幅に増加する見込み。これまで概算事業費を458億円としてきたが、今回の発表でほぼ1.5倍の684億円に増えるとの見通しを示した。

#路面電車 #LRT #新線 #電車


宇都宮ライトレール、開業時期を2023年3月に延期 – 用地取得に遅れ

関連記事

JR東日本「空間自在ワークプレイス」実験「新幹線オフィス」も予定

東武鉄道、社有林の間伐材で作ったベンチを沿線の希望者に寄贈へ

東武鉄道「スペーシア」デビュー当時のリバイバルカラー車両が登場

京急電鉄、1000形新造車両を新たに3編成 – 2021年度の設備投資計画

近鉄、7/3ダイヤ変更 – 最終列車繰上げ、本数・区間の見直しなど

JR中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業、2028年度内竣工めざす