受験シーズンに合わせ、ホテルや鉄道会社が限定の宿泊プランや切符などを用意し、コロナ禍でテストに挑む学生たちを応援している。(小野寺経太)

 慶応大や横浜国立大などへの交通の便が良いJR新横浜駅近くの新横浜プリンスホテルは3月末まで、“まけない飯”が付いた「受験生応援『サクラ咲く』宿泊プラン」を打ち出している。

 朝食の「まかない」ならぬ「まけない飯」では、糖質を脳のエネルギーに換える際に必要なビタミンB1が多く含まれた豚肉や、アボカドなどが入った「負けない!巻けない!必勝トルティーヤ」を提供。電気スタンドの貸し出しなどにも応じるという。1泊朝食付きで1万290円から。

 JR東日本横浜支社は大船駅で、「大船(おおぶね)に乗って、めざせ合格!」と銘打ったイベントを開催中だ。3月6日までの期間中、大船駅の合格応援きっぷボード前で写真撮影などを行うと、“大船発合格行き”の応援切符を無料でもらえる。2000枚限定。

 相模鉄道も、相鉄線ゆめが丘—希望ヶ丘駅の乗車券を「ゆめきぼ切符」と命名し、購入者にオリジナルキャラクター「そうにゃん」が描かれたピンバッジや絵馬をプレゼントする。3月末まで。受験生や塾講師らが購入に訪れているといい、担当者は「受験生へのエールになれば、うれしい」と話している。

#ホテル #受験 #受験生 #メニュー


巻けないメニューで「まけない飯」…ホテルや鉄道会社が受験生応援

関連記事

JR西日本「DLやまぐち号」津和野駅の転車台にて回転展示 – 5/1から

JR東海・JR西日本、車いすスペース6席設けたN700Sの購入方法を発表

人気集める転車台の実演

熊本の鉄道の魅力を写真で 被災前後の30点、大阪で展示へ

いすみ鉄道が乗車2000万人達成、記念式典実施

JR西日本が「極上の赤身肉」を販売、その狙いとは