NTTドコモとJR東日本は28日、新幹線試験電車「ALFA-X」による第5世代移動通信方式(5G)の無線通信実験において、国内最高速度である360km/hで成功したと発表した。地上と「ALFA-X」車内の双方向で、高精細の4Kと8Kの映像を5Gで安定的に伝送する実証実験にも成功している。

360km/hで走行する5G通信実験中の「ALFA-X」(提供 : NTTドコモ)

5Gは高い周波数帯を用いるため、高速鉄道ではドップラー効果や線路周辺の遮蔽(しゃへい)物の影響を受け、通信品質が不安定になる課題があったという。NTTドコモは高速鉄道における5Gの高速通信の実現可能性を確認すべく、2017年から実証実験を進めてきた。

今回、NTTドコモとJR東日本は共同で、3GPP(Third Generation Partnership Project)国際標準仕様に準拠した新たな実験装置と、実験用5G移動局を搭載した「ALFA-X」を用いて、東北新幹線(仙台~新青森間の一部区間)において、実証実験としては国内最高速度となる360km/hで実施した。

おもな実験結果としては、通信効率の改善によって移動局の受信時最大500Mbps以上、送信時最大100Mbps以上の通信速度を達成したほか、通信速度を劣化させることなく基地局の切り替えができることを確認している。

5Gを介した高精細映像伝送実験(提供 : NTTドコモ)
実験のシステム構成(提供 : NTTドコモ)

地上基地局と「ALFA-X」車内の双方向で、4Kと8Kの高精細映像コンテンツを安定して伝送できることも確認した。具体的には、約30分間の4K映像コンテンツを約1分の通信時間でダウンロードすることに成功。2つの基地局により約5kmの安定した5G通信エリアを構築できたことで、4Kと8Kの映像コンテンツのストリーミング再生にも成功している。

今回の実証実験により、新幹線に代表される高速鉄道においても、安定した5Gの高速通信が実現できることを確認。高速鉄道における4Kや8Kといった高精細映像の伝送など、これまで実現することが難しかった新たなサービス提供の可能性が広がるとしている。

#JR東日本 #新幹線 #電車


JR東日本・NTTドコモ、新幹線「ALFA-X」360km/h走行で5G通信に成功

関連記事

午前中を行く高崎線の車窓_すれ違うキヤE195系、秩父鉄道 三ヶ尻線のいま

道の駅「したら」オープンへ

鉄道減便、効果に疑問=通勤減らず混雑誘発—新型コロナ

JR四国2000系が登場した1989年、JR北海道キハ281系や北斗星24系_富士重工業 SUBARU の躍動

道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

知る人ぞ知る「究極」の駅が東北に? バリアフリー設備が充実した駅を旅行作家が厳選