中国でこのほど、鉄道の上海—蘇州間で不正乗車を118回も繰り返した女が、上海の鉄道警察により刑事強制措置が取られた。

看看新聞KNEWSによると、女は19日、蘇州駅で自動改札機を通る他の乗客の背後に付いて擦り抜けた後、券売所で払い戻しを受けたところを警察官に発見された。

女は「2020年9月からやった。数日おきに上海から蘇州へ行き、湯円(もち米粉であんを包みゆでた団子)を食べた」などと供述しているという。

このニュースについて、SNSの微博(ウェイボー)では、「どこの店?」「蘇州の人、店名教えて」「食べたくなってきた」「きっとボーイフレンドでしょ」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

#不正乗車 #中国 #上海 #警察


不正乗車118回の女「湯円食べるため」=ネット民「店名教えて」—中国

関連記事

JR東日本「空間自在ワークプレイス」実験「新幹線オフィス」も予定

東武鉄道、社有林の間伐材で作ったベンチを沿線の希望者に寄贈へ

東武鉄道「スペーシア」デビュー当時のリバイバルカラー車両が登場

京急電鉄、1000形新造車両を新たに3編成 – 2021年度の設備投資計画

近鉄、7/3ダイヤ変更 – 最終列車繰上げ、本数・区間の見直しなど

JR中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業、2028年度内竣工めざす