中国でこのほど、鉄道の上海—蘇州間で不正乗車を118回も繰り返した女が、上海の鉄道警察により刑事強制措置が取られた。

看看新聞KNEWSによると、女は19日、蘇州駅で自動改札機を通る他の乗客の背後に付いて擦り抜けた後、券売所で払い戻しを受けたところを警察官に発見された。

女は「2020年9月からやった。数日おきに上海から蘇州へ行き、湯円(もち米粉であんを包みゆでた団子)を食べた」などと供述しているという。

このニュースについて、SNSの微博(ウェイボー)では、「どこの店?」「蘇州の人、店名教えて」「食べたくなってきた」「きっとボーイフレンドでしょ」などのコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/柳川)

#不正乗車 #中国 #上海 #警察


不正乗車118回の女「湯円食べるため」=ネット民「店名教えて」—中国

関連記事

地方の鉄道会社、存続には「行政の支援が不可欠」「経費これ以上削減は困難」

『第14回 タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット』審査結果発表

JR西日本・ソフトバンク「自動運転・隊列走行BRT」実証実験開始へ

「大阪メトロ」御堂筋線淀屋橋駅に可動式ホーム柵 – 10/2運用開始

JR西日本、山陽新幹線姫路~岡山間「帆坂保守基地」10/1運用開始へ

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ