復刻塗装の109号 画像:箱根登山鉄道

箱根登山鉄道は27日、2021年3月21日をもってモハ2形109号が引退すると発表した。

109号は1927年に登場した木造車チキ2形の走行系機器と新製車体を組み合わせて製造された車両。2019年には箱根湯本—強羅開業100周年を記念し、1935年〜1949年頃の復刻塗装となって今日まで営業を続けてきた。

2月13日(土)からは引退を記念しラストラン方向板の掲出を、2月20日(土)からは19号車内で写真展示を行う(ともに3月21日まで)。なお、引退イベントについては新型コロナウイルス感染拡大の状況により未定となっており、実施する場合は新たに告知するという。

方向板デザイン 画像:箱根登山鉄道

鉄道チャンネル編集部

#109 #箱根 #登山 #ラストラン


モハ2形109号、3月21日ラストラン 箱根登山鉄道

関連記事

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示