京阪電気鉄道は新型ATS(多情報連続式自動列車停止装置)の導入をはじめ、車両の新造・リニューアルや新常態に即したサービスの拡充など、ハード・ソフト両面から「安全安心」のさらなる向上をめざした施策・サービスを展開する。

新型ATS(多情報連続式自動列車停止装置)の概要

新型ATS(多情報連続式自動列車停止装置)は走行中の列車の速度を常時確認し、踏切や駅での異常発生にも対応するなど、従来にも増して保安度が向上。より安全かつ安定的な輸送をめざし、2015年12月に京阪線の出町柳~深草(現・龍谷大前深草間)で使用開始して以降、導入範囲を順次拡大してきた。今年1月9日に京阪線の全営業線で導入を終え、3月に寝屋川・淀の両車庫でも導入予定。これをもって京阪線全線への導入が完了する。

■13000系5次車を新造、6000系は2021年度に2編成リニューアル

京阪線では13000系(5次車)を新造し、6編成36両を導入。2~6月にかけて既存の5000系を置き換える。新造車両は戸挟み検知装置や車内防犯カメラを搭載したほか、車内の乗降用扉上部に広告用デジタルサイネージを設置。既存の13000系(7両編成)49両も2022年度中に広告用デジタルサイネージの設置工事を完了する予定となっている。

京阪線で導入が進む13000系。新たに5次車が6編成36両導入され、5000系を置き換える
13000系と6000系で広告デジタルサイネージの設置工事が進められる

6000系の車両リニューアルも推進。これまでに14編成112両中、10編成80両のリニューアルが完了し、2021年度は2編成16両のリニューアルを進める。車いすスペースをはじめバリアフリーへの対応を図るとともに、座席の更新や内装材の取替えなど車内も刷新。2022年度までに、6000系のリニューアル済車両全編成で広告用デジタルサイネージの設置工事を完了する予定だという。車両における安全性向上の取組みとして、ホーム検知装置の搭載車両の拡大、京阪線・大津線の車両への転動防止ブレーキの導入も進める。

■非対面販売を拡充、磁気定期券・回数券は終了へ

「新しい生活様式」に代表される感染症予防、衛生対策の観点など、新常態を想定したサービスの拡充も図る。1月31日のダイヤ変更で3000系「プレミアムカー」が運転開始となることを受け、特急停車駅の「プレミアムカー」乗車口付近を中心にキャッシュレス券売機を設置。ウェブサイト「プレミアムカークラブ」での購入時にポイントを付与する「京阪プレミアムカークラブポイント」サービスも導入し、「プレミアムカー券」「ライナー券」の非対面販売を拡充する。

特急停車駅の「プレミアムカー」乗車口付近を中心に設置されるキャッシュレス券売機

磁気定期券の発売は3月19日で終了し、改札機にかざすだけで通過できるIC定期券にサービスを集約。回数券の利用も3月末で終了し、利用回数等に応じた割引制度はICカードを対象とした「PiTaPa利用回数割引(京阪線)」「PiTaPa利用額割引(大津線)」と「京阪電車ポイント還元サービス」に集約し、ICカード利用率のさらなる向上をめざす。その他、駅トイレ手洗台における蛇口ハンドルの自動センサー化も順次実施。「アフターコロナ・ウィズコロナ時代」に即したサービスを拡充する。

#京阪電気鉄道 #車両新造 #改造 #電車 #鉄道技術


京阪線全線で新型ATS導入完了へ – 「安全安心」さらなる向上めざす

関連記事

鉄道各社 客貨混載輸送が拡散、その影で細々と残る新幹線 荷物輸送

【youtube プレゼント企画】水島臨海鉄道倉敷市駅のバラストが出てくるガチャガチャを引いてみた

JR九州、西九州新幹線の車両デザイン決定 – 毛筆の「かもめ」書体

BS日テレの大人気番組「友近・礼二の妄想トレイン」を巻頭大特集!『脳内&リアルに楽しむ!達人が教える鉄道旅』2021年7月29日(木)発売!

50年前の廃線車両、「避密」の宿に…1両1室貸し切りで人気

JR西日本、電気式気動車DEC700形の技術的検証を8月中旬から実施へ