泉北高速鉄道は今年4月に開業50周年を迎えることを記念し、各種記念事業を展開する。第1弾として、1月22日から泉北沿線の懐かしい写真の募集を開始した。

1970年12月に撮影された竣工間近の泉ケ丘駅
現在の泉ケ丘駅

いまでは様変わりした沿線の景色や現存しない施設など、沿線在住者・利用者が「懐かしい」と感じる写真であることが応募の条件。メールまたは郵送で、5月5日まで募集する。寄せられた写真は50周年特設サイト内で紹介し、可能な範囲で同じ景色の現在の写真も掲載する。応募者には記念品を送るとのこと。

メールで応募する場合は、解像度72ppi・横幅1,000px以上、JPEG形式の画像を添付で送信する。郵送の場合は紙の写真を直接送ることとなっており、後日返却されるとのこと。カラー・白黒写真のどちらでも応募可能で、1人何枚でも応募できる。ただし、記念品は1人1点となる。

#泉北高速鉄道 #駅 #電車 #南海電鉄


泉北高速鉄道、4月で開業50周年「懐かしい沿線の写真」募集を開始

関連記事

近鉄12200系、臨時特急列車に! 4月の4日間、大阪・名古屋から1往復

鉄道事業者、どう稼ぐ? 経営支える駅ビルなどの関連事業 ポップアップ店舗をはじめ新しい取り組みも

超優等出世列車「寝台特急ゆうづる」に関する考察も——鉄道ファンの行司が書いた『大相撲と鉄道』には「相撲列車」の知られざる話がいっぱい

ロッド・スチュワート、コンテナ7つで鉄道模型を米→英輸送

ツーリズムとよた×名古屋鉄道 タイアップ企画 『EMOTION!豊田篇』のキャンペーンが本格的に開始

参拝者などでにぎわい、地下化の計画も – 川崎大師駅(京急大師線)