泉北高速鉄道は今年4月に開業50周年を迎えることを記念し、各種記念事業を展開する。第1弾として、1月22日から泉北沿線の懐かしい写真の募集を開始した。

1970年12月に撮影された竣工間近の泉ケ丘駅
現在の泉ケ丘駅

いまでは様変わりした沿線の景色や現存しない施設など、沿線在住者・利用者が「懐かしい」と感じる写真であることが応募の条件。メールまたは郵送で、5月5日まで募集する。寄せられた写真は50周年特設サイト内で紹介し、可能な範囲で同じ景色の現在の写真も掲載する。応募者には記念品を送るとのこと。

メールで応募する場合は、解像度72ppi・横幅1,000px以上、JPEG形式の画像を添付で送信する。郵送の場合は紙の写真を直接送ることとなっており、後日返却されるとのこと。カラー・白黒写真のどちらでも応募可能で、1人何枚でも応募できる。ただし、記念品は1人1点となる。

#泉北高速鉄道 #駅 #電車 #南海電鉄


泉北高速鉄道、4月で開業50周年「懐かしい沿線の写真」募集を開始

関連記事

渋谷駅ホーム移設や秋田新幹線の雪落とし装置 土木学会が学会賞表彰 鉄道関係で10件受賞【コラム】

ホームドアない駅は「欄干ない橋」と同じ…視覚障害者に死の恐怖「整備急いで」

北陸新幹線敦賀延伸後、在来線特急の福井方面直通を断念した事情

大坂の「八百八橋」を支えた金融と政治の街 – 淀屋橋駅など(前編)

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券