箱根登山鉄道は27日、モハ2形109号が3月21日に引退することを記念し、運行最終日までの間、ラストラン方向板の掲出や109号車内での写真展示を行うと発表した。

箱根登山鉄道モハ2形109号
復刻塗装の109号と方向板デザイン

モハ2形109号は、1927(昭和2)年に登場した木造車チキ2形の走行系機器と新製車体を組み合わせて製造された車両で、2019年には箱根湯本~強羅間の開業100周年を記念し、1935~1949年頃の塗装に塗り替えられた。

方向板の掲出期間は2月13日から3月21日までの予定。109号車内での写真展示期間は2月20日から3月21日までを予定している。ラストランは3月21日となるが、引退イベントの実施については新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況により、現在は未定となっている。実施する場合は後日改めて発表するとのこと。

#鉄道車両の引退 #中小私鉄 #三セク #電車 #鉄道イベント


箱根登山鉄道モハ2形109号が引退、方向板掲出&車内写真展示を実施

関連記事

【youtube】フェリー利用でお得旅!青い森鉄道「海峡ゆったどきっぷ」と「青森・苫小牧てつなかきっぷ」!

犠牲者42人を追悼=信楽鉄道事故30年—滋賀

「フェリーきょうと」進水 旅客定員675人、大部屋を廃止

鉄道ファンのためのスマホケース「trainfan.net」より、今秋に引退予定「E4系Max」のおしゃれな手帳型スマホケースの販売開始(JR東日本商品化許諾済)

「のと里山里海号」のPV完成、七尾湾沿いの美しい春景色を見て

犠牲者42人を追悼