箱根登山鉄道(本社・神奈川県小田原市)は27日、1927年に登場し、レトロ感あふれた外見などで鉄道ファンらに人気がある「モハ2形109号」1両が3月21日で引退すると発表した。引退を記念して、2月13日から「109 Last Run」などと書かれた方向板を付けて運行する。

 この車両は登場当時は木造車だった。その後、側面を鉄製にする改良が行われ、現在は屋根に木造の部分が残っている。車体色は一時は赤っぽくなっていたが、2019年に登場当時と同じ緑色に戻して運転されていた。【 #渡辺明 博】

#109 #引退 #箱根 #登山


箱根登山鉄道「モハ2形109号」3月21日で引退 1927年の登場時は木造車

関連記事

横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

「回数券」は死語になる!? 鉄道回数券の相次ぐ廃止でも激安で乗る「裏技」はまだある!

新幹線「ALFA-X」&「はやぶさ10周年記念」Tシャツの予約販売開始

【youtube】天橋立駅でぶらぶらしつつ撮り鉄してみた

「西武園ゆうえんち」5/19オープン、ゴジラのアトラクションも登場

【ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路】お子様の“鉄分”補給にぴったりな鉄道ルームが誕生!