名古屋市交通局は25日、中村区役所駅、市役所駅、伝馬町駅、神宮西駅の地下鉄4駅について、駅名称の変更を行うと発表した。2022年度中に予定される中村区役所の移転に合わせて駅名称変更を実施する予定としており、詳細な時期は改めて発表する。

名古屋市交通局が地下鉄4駅の駅名を変更(写真はイメージ)

桜通線の中村区役所駅(S01)は、駅名称を「太閤通(たいこうどおり)」に変更。現在の駅名となっている中村区役所の移転にともない、駅の所在地にふさわしい代表的な町名を採用した。名城線の市役所駅(M07)は、駅名称を「名古屋城(なごやじょう)」に変更。名古屋市を代表する施設のひとつ、名古屋城への案内効果を高めるための変更だという。

同じく名城線の伝馬町駅(M26)は、名古屋市を代表する施設のひとつである熱田神宮への案内効果を高めるため、駅名称を「熱田神宮伝馬町(あつたじんぐうてんまちょう)」に変更。隣の神宮西駅(M27)も、駅名称を「熱田神宮西(あつたじんぐうにし)」に変更する。

※写真はイメージ。本文とは関係ありません。

#地下鉄 #駅


名古屋市交通局、地下鉄4駅の駅名称変更へ – 2022年度中に実施予定

関連記事

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示