名古屋市交通局は25日、中村区役所駅、市役所駅、伝馬町駅、神宮西駅の地下鉄4駅について、駅名称の変更を行うと発表した。2022年度中に予定される中村区役所の移転に合わせて駅名称変更を実施する予定としており、詳細な時期は改めて発表する。

名古屋市交通局が地下鉄4駅の駅名を変更(写真はイメージ)

桜通線の中村区役所駅(S01)は、駅名称を「太閤通(たいこうどおり)」に変更。現在の駅名となっている中村区役所の移転にともない、駅の所在地にふさわしい代表的な町名を採用した。名城線の市役所駅(M07)は、駅名称を「名古屋城(なごやじょう)」に変更。名古屋市を代表する施設のひとつ、名古屋城への案内効果を高めるための変更だという。

同じく名城線の伝馬町駅(M26)は、名古屋市を代表する施設のひとつである熱田神宮への案内効果を高めるため、駅名称を「熱田神宮伝馬町(あつたじんぐうてんまちょう)」に変更。隣の神宮西駅(M27)も、駅名称を「熱田神宮西(あつたじんぐうにし)」に変更する。

※写真はイメージ。本文とは関係ありません。

#地下鉄 #駅


名古屋市交通局、地下鉄4駅の駅名称変更へ – 2022年度中に実施予定

関連記事

関東鉄道キハ2400形、ツートンカラーの復刻塗装に – 常総線で運用

「ロマンスカーミュージアムオリジナルうまい棒缶」数量限定で発売

JR西「どこでもきっぷ」は何が革新的だったのか 発売見合わせで鉄道ファンが泣いた理由

JR北海道とJR東日本、北海道・東北新幹線で鮮魚と駅弁の定期輸送

鉄道博物館の「東高西低」くっきり 関東は小田急も新設、関西大手はゼロ…その差はどこに?

『名探偵コナン』と鉄道の浅からぬ関係 国交省は速達性向上を真剣に検討