JR東日本は25日、クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」の旅の魅力を紹介していた東京駅八重洲中央口(改札外)の「GALERIE 四季島」について、3月末をもって閉鎖すると発表した。

JR東日本のクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」

「GALERIE 四季島」は2016年1月、上質で特別な旅の世界観を感じもらえる場所として開業。室内には東日本の工芸品や檜をベースにしたアロマの香りを使用するなど、「TRAIN SUITE 四季島」の車内と同じ雰囲気を用意していた。

おもなサービスとして、「TRAIN SUITE 四季島」の情報提供と、参加者に向けたコンシェルジュサービスを行い、プロモーション映像を使用した「TRAIN SUITE 四季島」全般の案内をはじめ、スライドを使用した行程や食事の案内、模型を使用した車内設備の案内も実施していた。

「GALERIE 四季島」の閉鎖後は、ホームページでの情報発信を充実していくほか、問い合わせについては、「TRAIN SUITE 四季島」ツアーデスクが電話にて対応するとのこと。

#JR東日本 #駅 #クルーズトレイン


JR東日本、東京駅八重洲中央口の「GALERIE 四季島」3月末で閉鎖へ

関連記事

午前中を行く高崎線の車窓_すれ違うキヤE195系、秩父鉄道 三ヶ尻線のいま

道の駅「したら」オープンへ

鉄道減便、効果に疑問=通勤減らず混雑誘発—新型コロナ

JR四国2000系が登場した1989年、JR北海道キハ281系や北斗星24系_富士重工業 SUBARU の躍動

道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

知る人ぞ知る「究極」の駅が東北に? バリアフリー設備が充実した駅を旅行作家が厳選