山梨県身延町の身延山ロープウェイを運行する身延登山鉄道は、40年ぶりとなる新型パノラマビューゴンドラを2月23日から導入する。

新型ゴンドラ「知恩号」イメージ
「報恩号」イメージ

身延山ロープウェイが日蓮宗総本山・身延山久遠寺のある山麓と身延山山頂を結んでいることから、新ゴンドラは「日蓮聖人御降誕800年」を記念した仕様とした。1号車「知恩号」は魔除けを意味する朱色を基調とし、車内天井に久遠寺天井画の黒龍をあしらった。2号車「報恩号」は神秘を意味する藍色を基調に、七面山敬慎院の天井模様を車内天井に描いた。「知恩号」「報恩号」の名前は、久遠寺の内野日総法主が命名したという。

眼前に広がる絶景をこれまで以上に楽しめるよう、足元付近までの大きなパノラマガラスを採用。ゴンドラ内には液晶モニターを搭載し、身延山の歴史や車窓から見える景色を多言語で案内する。なお、新ゴンドラへの交換作業にともない、2月1~22日はロープウェイを運休とする。

#新型車両


身延山ロープウェイに新型ゴンドラ「知恩号」「報恩号」2/23から

関連記事

午前中を行く高崎線の車窓_すれ違うキヤE195系、秩父鉄道 三ヶ尻線のいま

道の駅「したら」オープンへ

鉄道減便、効果に疑問=通勤減らず混雑誘発—新型コロナ

JR四国2000系が登場した1989年、JR北海道キハ281系や北斗星24系_富士重工業 SUBARU の躍動

道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

知る人ぞ知る「究極」の駅が東北に? バリアフリー設備が充実した駅を旅行作家が厳選