JR東日本は22日に発表した春の期間(2021年3~6月の122日間)に運転する増発列車の概要にて、臨時列車の寝台特急「サンライズ出雲91・92号」の運転日・時刻を掲載した。ただし、発売は当面見合わせとなる。

寝台特急「サンライズ出雲」に使用される285系

寝台特急「サンライズ出雲」の臨時列車は今春もゴールデンウィーク期間に設定。上り「サンライズ出雲92号」の運転日(始発駅基準)は4月29日と5月4日で、運転時刻は出雲市駅15時33分発・東京駅翌日6時23分着。下り「サンライズ出雲91号」の運転日(始発駅基準)は4月30日と5月5日で、運転時刻は東京駅22時21分発・出雲市駅13時7分着。285系7両編成(全車指定席)で運転する。

なお、「サンライズ出雲91・92号」ともに発売を見合わせ、販売開始または運休について別途発表するとのこと。JR西日本は今春の臨時列車に関して、今後の利用状況等により現在の計画を変更し、一部列車を運休する可能性があるため、指定席の発売を当面見合わせると説明している。

#夜行列車 #寝台特急 #JR西日本 #JR東日本 #電車 #特急列車


臨時寝台特急「サンライズ出雲91・92号」設定も発売は当面見合わせ

関連記事

【youtube】レンタカー利用で四国巡りも!JR四国「おでかけ。四国家満喫きっぷ」【WEB発売用】

少年が線路に転落!命がけで救い出した鉄道職員(インド)

北陸鉄道 浅野川線 03系や8000系につくアンテナ

岐阜県長良川鉄道「郡上八幡」駅にコワーキングスペース新規開業

四日市あすなろう鉄道の「つり革オーナー」を募集します

大規模イベント、無観客に=緊急事態、鉄道は減便要請—政府