JR北海道は、無人駅のトマム駅から乗車した人がスマートフォンで「乗車駅証明書」を取得し、降車駅でスムーズに精算できる新たなサービスを1月21日から開始した。

「QRコード乗車駅証明書」を利用した清算のイメージ

これまで、トマム駅で乗車した場合、車内で車掌からきっぷを購入する必要があったが、従来は外国人利用者が多く、口頭でのやり取りに時間がかかる場合があったという。今後はトマム駅の待合室に掲示しているポスター等から専用サイトにアクセスし、人数や行先を入力することで、「QRコード乗車駅証明書」が取得できるようになる。

列車は普通車自由席に乗車し、車内改札時はスマートフォンで証明書を提示する。降車駅が札幌駅、新千歳空港駅、南千歳駅のいずれかの場合、取得した「QRコード乗車駅証明書」を精算機にかざし、画面に従ってきっぷを購入し、そのきっぷで改札機から出場できる。専用サイトや証明書、精算機はいずれも日本語のほか、英語、中国語簡体字・繁体字、韓国語に対応する。

JR北海道によれば、この方式の精算サービスはJR旅客各社で初めての取組みだという。なお、同社は各地からトマム駅に行く際、事前に帰りのきっぷを購入するように案内している。帰りのきっぷを持っている場合は「QRコード乗車証明書」で清算する必要はない。

#駅 #JR北海道 #鉄道技術


JR北海道、トマム駅で「QRコード乗車駅証明書」取得できるサービス

関連記事

JR東日本「空間自在ワークプレイス」実験「新幹線オフィス」も予定

東武鉄道、社有林の間伐材で作ったベンチを沿線の希望者に寄贈へ

東武鉄道「スペーシア」デビュー当時のリバイバルカラー車両が登場

京急電鉄、1000形新造車両を新たに3編成 – 2021年度の設備投資計画

近鉄、7/3ダイヤ変更 – 最終列車繰上げ、本数・区間の見直しなど

JR中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業、2028年度内竣工めざす