相模鉄道は21日、二俣川駅にホームドアを設置し、1月24日の始発から下りホーム(1・2番線)、2月28日の始発から上りホーム(3・4番線)でそれぞれ運用を開始すると発表した。

二俣川駅のホームドア

相模鉄道では、駅ホームにおけるより一層の安全性向上を目的に、1日平均乗降人員が10万人以上の主要駅からホームドアの設置を進めている。新たに運用開始となる二俣川駅は、横浜駅(2017年設置)、羽沢横浜国大駅(2019年設置)に続く3駅目の設置となる。

二俣川駅は相鉄線内で4番目に乗降人員の多い主要駅であり、神奈川県ライトセンターの最寄り駅でもあることから、早期の設置をめざしていた。なお、このホームドア設置には神奈川県、横浜市の補助を受けている。今後、2021年3月末までに大和駅と湘南台駅でもホームドアを設置し、運用を開始する予定となっている。

#ホームドア #駅 #相鉄


相鉄、二俣川駅にホームドア設置 – 2月末までに全ホームで運用開始

関連記事

東海道新幹線0系・N700SをNゲージサイズに、ファミマで発売 – 京商

185系の写真を約120点、JR東京駅構内で8日から「メモリアル185系おもいで館写真展」開催

列車内でハンバーガー頬張った女性を告発、韓国

熊本電気鉄道、『オフィスおかん』の活用で従業員の健康意識向上 人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率向上を目指す

リニア・鉄道館10周年イベント、開館当時の写真展示やプレゼントも

JR東日本、駅の役割変革へ3駅をモデル駅に – 駅ナカカレッジ開校も