相模鉄道は21日、二俣川駅にホームドアを設置し、1月24日の始発から下りホーム(1・2番線)、2月28日の始発から上りホーム(3・4番線)でそれぞれ運用を開始すると発表した。

二俣川駅のホームドア

相模鉄道では、駅ホームにおけるより一層の安全性向上を目的に、1日平均乗降人員が10万人以上の主要駅からホームドアの設置を進めている。新たに運用開始となる二俣川駅は、横浜駅(2017年設置)、羽沢横浜国大駅(2019年設置)に続く3駅目の設置となる。

二俣川駅は相鉄線内で4番目に乗降人員の多い主要駅であり、神奈川県ライトセンターの最寄り駅でもあることから、早期の設置をめざしていた。なお、このホームドア設置には神奈川県、横浜市の補助を受けている。今後、2021年3月末までに大和駅と湘南台駅でもホームドアを設置し、運用を開始する予定となっている。

#ホームドア #駅 #相鉄


相鉄、二俣川駅にホームドア設置 – 2月末までに全ホームで運用開始

関連記事

今年も開催決定!第8回「大宮えきフェス by 大宮駅RENKETSU祭」

2021年10月1日で引退する2階建て新幹線E4系Max車両基地取材と足跡を記録した保存版!『旅と鉄道』増刊10月号「ありがとうE4系Max」を発売します

ハワイに75年ぶり鉄道開通!"乗り鉄″バイデン大統領が目指す高速鉄道網

JR東日本「わくぞく京葉車両センターツアー」社員考案のイベントも

JR東日本185系、南房総を周遊する日帰りツアー11/3実施 – 撮影会も

鉄道博物館「山手線展 ~やまのてせんが丸くなるまで~」10/9から