仕事と旅行を同時に楽しめるワーケーション体験会が2月24〜26日、長野県千曲市で行われる。初日は、しなの鉄道の観光列車「ろくもん」をゆったり貸し切り、信州の雪景色や美食を堪能しながら仕事できる。
 地元企業のふろしきやが、千曲市、信州千曲観光局、長野県、しなの鉄道と提携して行うワーケーション企画で、今回が5回目。リゾート列車を貸し切る企画は初。
 「ろくもん」の3両すべてを貸し切ったワーケーショントレインは、初日の午前8時40分ごろに戸倉駅を出発。車窓から信州の雪景色を見ながら働ける。車内での滞在時間は、昼食を挟んでゆったり5時間弱とり、午後2時ごろに豊野駅に到着する。
 感染症対策として、乗車定員72人のところを30人(事務局含む)に限定。仕切りのある座席も豊富に用意し、広く分散して働けるようにした。
 通常の換気に加え、途中停車駅などで空気を入れ替えたりリフレッシュもでき、ゆったりと安心に過ごせるようにした。昼食も用意されている。
 2日目は千曲市内の各所の働けるスペースにタクシーで案内。開発中のワーケーション専用タクシー配車システムを活用する。温泉街への町歩き企画に参加することもできる。
 3日目午前は善光寺で瞑想した後、ホテルなどで仕事。午後はホテルでワーケーションについてのアイデアソンを行い、その後温泉に入浴できる。夕方にはその場で解散する。
 募集は25人程度で、参加費は3万5000円(税込)。千曲市までの交通費、宿泊代、宿泊場所の予約は別途必要。

#雪景色 #観光 #旅行


雪景色の“ワーケーション列車”運行 「しなの鉄道」でゆったり仕事

関連記事

午前中を行く高崎線の車窓_すれ違うキヤE195系、秩父鉄道 三ヶ尻線のいま

道の駅「したら」オープンへ

鉄道減便、効果に疑問=通勤減らず混雑誘発—新型コロナ

JR四国2000系が登場した1989年、JR北海道キハ281系や北斗星24系_富士重工業 SUBARU の躍動

道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

知る人ぞ知る「究極」の駅が東北に? バリアフリー設備が充実した駅を旅行作家が厳選