JR東日本仙台支社は、奥羽本線赤岩駅について、2021年3月12日をもって廃止すると発表した。2017年3月以降、赤岩駅では全列車が通過となっていた。

奥羽本線(山形線)の普通列車

赤岩駅の所在地は福島県福島市大笹生字赤岩。1910(明治43)年10月13日に開業した駅で、1面2線の島式ホームと待合室を有する。この赤岩駅を含む福島~米沢間は、山形新幹線「つばさ」が走行する区間だが、普通列車の本数は少ない。とくに赤岩駅で利用実績のない状態が続いていたため、2012年12月以降、冬期間は普通列車も含む全列車が通過し、2017年3月から年間を通じて全列車通過となっていた。

今回の発表で、赤岩駅は今年3月12日をもって廃止されることになったが、現在は全列車通過に加え、駅構内の除雪も行っていないという。「危険ですので、今回の駅廃止の公表をもって駅構内への立ち入りは禁止とさせていただきます」と説明している。

#駅 #JR東日本


JR東日本、赤岩駅を廃止 – 現在は全列車通過、駅構内は立入禁止に

関連記事

関東鉄道キハ2400形、ツートンカラーの復刻塗装に – 常総線で運用

「ロマンスカーミュージアムオリジナルうまい棒缶」数量限定で発売

JR西「どこでもきっぷ」は何が革新的だったのか 発売見合わせで鉄道ファンが泣いた理由

JR北海道とJR東日本、北海道・東北新幹線で鮮魚と駅弁の定期輸送

鉄道博物館の「東高西低」くっきり 関東は小田急も新設、関西大手はゼロ…その差はどこに?

『名探偵コナン』と鉄道の浅からぬ関係 国交省は速達性向上を真剣に検討