国土交通省は20日、JR東日本から申請されていた鉄道事業法第3条にもとづく「羽田空港アクセス線(仮称)」の第一種鉄道事業許可申請について、同日付で申請の通り許可したと発表した。

「羽田空港アクセス線(仮称)」の事業概要(出典 : 国土交通省報道発表資料)

JR東日本も同日、「羽田空港アクセス線(仮称)」の鉄道事業許可について発表。JR東日本は既存の鉄道ネットワークを活用し、羽田空港へのダイレクトアクセスを実現する「羽田空港アクセス線(仮称)」の計画を推進しており、今回は計画ルートのうち、「アクセス新線」の鉄道事業許可を受けたと説明している。

建設区間(鉄道事業許可区間)は東京貨物ターミナル駅から羽田空港新駅(仮称)までの約5.0km。東京貨物ターミナル駅以北の改良区間も含めた建設費は約3,000億円とのこと。運行開始予定時期は2029年度とされ、1日あたり72本、1時間あたり4本(いずれも片道)の運行が計画されている。

#新線 #JR東日本 #電車


国土交通省、JR東日本「羽田空港アクセス線(仮称)」の鉄道事業許可

関連記事

JR西日本「DLやまぐち号」津和野駅の転車台にて回転展示 – 5/1から

JR東海・JR西日本、車いすスペース6席設けたN700Sの購入方法を発表

人気集める転車台の実演

熊本の鉄道の魅力を写真で 被災前後の30点、大阪で展示へ

いすみ鉄道が乗車2000万人達成、記念式典実施

JR西日本が「極上の赤身肉」を販売、その狙いとは