Photo by Shutterstock

過去の連載はこちら

阿曽山大噴火

芸人/裁判ウォッチャー

月曜日から金曜日の9時〜5時で、裁判所に定期券で通う、裁判傍聴のプロ。裁判ウォッチャーとして、テレビ、ラジオのレギュラーや、雑誌、ウェブサイトでの連載を持つ。パチスロもすでにプロの域に達している。また、ファッションにも独自のポリシーを持ち、“男のスカート”にこだわっている。

JRに怒りを覚えて、カッターで座席を切り裂く

2021年最初なので、今年も気が向いた時に読んでいただければ…と新年のあいさつっぽく。

年明けすぐに東京では緊急事態宣言が発出されました。去年4月の緊急事態宣言の時は、刑事裁判が1日数件だけ、民事裁判に至っては1カ月半もの間、すべて取り消しで0件。今回も裁判の件数は少なくなるんだろうなぁと思っていたら、刑事裁判は連日70件以上あるし、民事裁判は500件くらい行われているんです。ほぼ通常営業。霞ヶ関は7割をテレワークにするって話だったから、裁判もZoomとかで傍聴できるのかと期待したのに。全然、緊急な事態って雰囲気じゃないです、東京地裁は。

さて、本題です。

罪名 器物損壊
R被告人 無職の男性(60)

起訴されたのは4件。2020年9月8日21時13分、JR荻窪駅〜JR西荻窪駅を走る東京メトロ東西線の電車内で、R被告人がカッターで座席シート(7万7790円)を切り裂いた件。9月16日21時17分、同所を走る東西線の電車内で、R被告人がカッターで座席シート(11万2420円)を切り裂いた件。9月20日17時48分、JR中野駅〜JR阿佐ヶ谷駅を走る東西線の電車内で、R被告人がカッターで座席シート(2万8820円)を切り裂いた件。10月3日19時5分、同所を走るJR総武線の電車内で、R被告人がカッターで座席シート(7880円)を切り裂いた件。

東京メトロ東西線が3件、JR総武線が1件の座席を切られるという結構珍しい事件です。この辺を利用しない人のために説明しておくと、会社は違えど乗り入れの都合で同じ線路の上を走る車両です。被害額を見比べるとJRの座席はリーズナブルな仕上がりのようですね。

検察官の冒頭陳述によると、R被告人は高校を卒業後、職を転々として犯行当時は清掃の仕事をしていたとのこと。前科はなく、今回が初めての逮捕だそうです。

2019年の夏、R被告人はJR中央線に乗り、ドアに寄りかかって出発を待っていたところ、ドアが一瞬開いてすぐ閉まったことでバッグを挟まれることがあったらしい。さらにその年の暮れには、定刻前にドアが閉まって中央線に乗れなかったり、2020年8月には忘れ物をした時の駅員の対応が悪いと感じてJRに対して怒りを覚えていたそうです。それでR被告人は電車内で座席シートを切ることを繰り返していたとのこと。

逮捕当日の10月3日、被害を知った私服警官がR被告人の後をつけ、R被告人が座席に座った後に右手を背中の方に回して、立ち去った後にシートが切れていたので逮捕に至ったというのが事件の流れです。警察に尾行されてるくらいだから、目星はついていたんでしょうね。あと、それくらい被害件数も多かったんだろうなぁと想像できます。

法廷には情状証人として15年間同居している内縁の妻が出廷。今後の監督を約束していました。

次ページ:鉄道ファンを名乗るも、車両内の色が分からず

鉄道ファンを名乗るも、車両内の色が分からず

そして、被告人質問です。まずは弁護人から。

弁護人「起訴は4件ですけど、実際には余罪が8件もあると?」

R被告人「はい」

かなり切りまくっていたようです。

弁護人「何がきっかけなんですか?」

R被告人「忘れ物を見つけてもらえなかったんです。他にも急にドアが閉まって体が挟まったり、ホームにいたら時間より早めにドアが閉まって乗れなかったり」

弁護人「それがなぜシートの切り裂きなんですか?」

R被告人「大したことない軽めのことかなと」

被害額もかなりの額だし、復旧作業も時間かかっただろうし。何より、切り裂かれたシートに座る乗客も不気味だったと思うんですけどね。軽めのことって認識だったとは。

弁護人「カッターを持ち歩いていたのはなぜ?」

R被告人「仕事で段ボールを切るのに、必要でした。でも、もう持ち歩きません」

犯行のために持ってたわけじゃなく、清掃の仕事で使うための道具だったようです。

弁護人「今後同じことはしないって言いきれる?」

R被告人「はい! 逮捕されるまではバッグを探してもらえないとか、すべてJRのせいにしてました。今は自分のせいだと思ってるので」

弁護人「そこで疑問なんですけど、JRに怒りがあったのに東京メトロ東西線のシートを切ったりしてる理由は何ですか?」

R被告人「乗り入れしてるので間違っちゃって……」

うっかりミスみたいです。それで被害を受けるってのもたまったもんじゃないだろうけど。

続いて、検察官からの質問。

検察官「過去に鉄道会社の面接を受けたと?」

R被告人「23歳の時に、国鉄と西武鉄道を」

検察官「それで採用されなかったから恨みを持ってたんですか?」

忘れ物がどうのとか、ドアに挟まれたとかじゃなく、40年近く抱き続けていた積年の恨みが犯行の動機だったのか…と思ったら、

R被告人「恨みとかはありません」

検察官が勝手に大風呂敷広げただけでした。紛らわしい…。

検察官「あなたは鉄道ファンなんですか?」

R被告人「鉄道は好きですね」

検察官「鉄道オタクなの?」

ファンとオタクの違いは何なのか定義をハッキリさせてから質問してくれよと思ってたら、

R被告人「オタクとまではいきませんね〜」

と謙遜するR被告人。

検察官「鉄道好きなら、JR中央線と東京メトロ東西線の車両内の色の違いわかるでしょ?」

これを訊きたくて鉄道オタクの確認をしてたんですね。まどろっこしい。

R被告人「色の違いは降りてから気づきました」

と、犯行時は気づかずにやってたようです。

次ページ:判決の言い渡しで、裁判官から異例の質問

判決の言い渡しで、裁判官から異例の質問

最後は裁判官からの質問。

裁判官「ストレスを解消するために楽しんでいたってのもあったんですか?」

R被告人「そういうものあったかな、と」

裁判官「もしね、今後電車乗っててシートを切り裂いている人を目撃したらどうします?」

切られたらシートを見掛けること自体が珍しいのに、現行犯でその状況に出くわすことはないと思うんだけど、見掛けたらどのような行動をするのかと問われて、

R被告人「その時はやってる人に声を掛けようかと思ってまして、一緒に警察署に行こうかと考えています」

と、まさかこういう質問が飛んでくるのを想定していたのか、犯人を連行すると考えているようです。相手は刃物持ってるから駅員に連絡する方が安全な気もするけど、シート切りの先輩として、犯人の気持ちを理解できるかもしれないですね。

裁判官「声掛けるとあなたに良いことあるの?」

R被告人「自分と同じことを繰り返してほしくないので」

裁判官「その心がけ、亡くなるまでずっと続けてくださいね」

と、死ぬまでの約束をしたところで質問終了。

この後、検察官が懲役1年6月を求刑して、初公判は閉廷です。

初公判から3週間後の1月14日に判決が言い渡されました。結果は、懲役1年6月執行猶予3年。判決理由としては、繰り返し行われていて、シートを切り裂いた幅も長く、大胆で悪質な犯行であると指摘。しかし、被害の一部を弁償しているし、内妻が監督を約束していて、前科もないので執行猶予を付けたという内容です。

これで終わりかと思いきや、

裁判官「4つの起訴状を省略せず、しでかしたことをあえて読み上げました。判決の理由で、“大胆かつ悪質”と言いましたけど…、言っちゃあ悪いですけど、いい大人がよくこんなこと繰り返してくれましたねぇ、と。自分でしたこと、子どもに伝えられない犯罪じゃないでしょうか?」

と判決の後に、質問をしたんです。ものすごく珍しい。説諭をする裁判官はいるけど、質問をする裁判官がいるなんて。そして、R被告人に子どもがいるって話は出てきてなかったので、幼い児童たちって意味でしょうかね。その答えが、

R被告人「そうですね…。なんで…、繰り返しやってたのか、今となっては…」

裁判官「精神的苦痛を与えたことも考慮して償ってください」

とアドバイスして閉廷でした。

前科がないんだから、59年間犯罪とは無縁だったのにねぇ。よっぽど大切にしてたバッグが見つからなかった怒りが座席シートに向かってしまったんでしょうかね。本人さえも、よくわかってないのかな、と感じましたけど。

#裁判 #連載 #噴火 #電車


電車の座席シートを切り裂きまくった60歳男性、実は鉄道ファン?ドアにバッグが挟まった腹いせに復讐【連載】阿曽山大噴火のクレージー裁判傍聴(21)

関連記事

炭鉱電車、最後の雄姿…警笛鳴らしながらラストラン

沢口靖子と勝村政信、「縁結びツアー」へ…『鉄道捜査官』3年ぶり最新作

五輪専用「夜行新幹線」はなぜ幻に終わったのか 組織委に懸念された「鉄道ファン」の存在

「ねこトレイン」登場 「猫遺産」企画第2弾 平成筑豊鉄道

JR西日本ダイヤ改正、越美北線の下り始発列車は3時間以上の繰下げ

JR西日本ダイヤ改正、快速「とっとりライナー」一部を普通列車に