JR西日本は、関西本線加茂~亀山間での「ICOCA」サービス開始日が3月13日に決まったと発表した。同区間の12駅のうち、地上型改札機を利用できる加茂駅、柘植駅、亀山駅では、通常の自動改札機やIC専用自動改札機・IC処理機にタッチして入出場する。

「ICOCA」エリア拡大に合わせ、キハ120系に車載IC改札機を導入する

残りの9駅で乗車・降車する場合は、「ICOCA」エリア拡大に合わせ、関西本線の列車(キハ120系)に導入する車載型IC改札機を利用することになる。

笠置駅、大河原駅、月ケ瀬口駅、島ケ原駅、佐那具駅、新堂駅、加太駅、関駅では、2両編成の1両目のドアのみ開放し、乗車時は1両目後方のドア付近にある青色のIC改札機、降車時は1両目前方のドア付近にある黄色のIC改札機にそれぞれタッチする。1両で運転される場合も同様となる。

伊賀上野駅のみ、停車時にすべてのドアを開放し、乗り込んだドア付近にある青色のIC改札機にタッチして乗車する。降車時は降りるドアの付近にある黄色のIC改札機にタッチして列車を降りることとする。

#Suica #PASMO #ICOCA #気動車 #JR西日本


JR西日本、関西本線加茂~亀山間で「ICOCA」サービス – 3/13開始へ

関連記事

午前中を行く高崎線の車窓_すれ違うキヤE195系、秩父鉄道 三ヶ尻線のいま

道の駅「したら」オープンへ

鉄道減便、効果に疑問=通勤減らず混雑誘発—新型コロナ

JR四国2000系が登場した1989年、JR北海道キハ281系や北斗星24系_富士重工業 SUBARU の躍動

道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

知る人ぞ知る「究極」の駅が東北に? バリアフリー設備が充実した駅を旅行作家が厳選