JR北海道の特急形気動車キハ261系5000番台の2編成目となる「ラベンダー編成」が姿を現した。昨年デビューした「はまなす編成」と同様、川崎重工が製造した5両編成。「ラベンダー編成」の使用開始予定は2021年4月頃とされている。

キハ261系5000番台「ラベンダー編成」が姿を現した

特急形気動車キハ261系5000番台は、特急「とかち」「北斗」などに使用されるキハ261系1000番台をベースに、インテリア・エクステリアのデザインと一部設備を変更。1号車に車内イベント等で利用可能なフリースペースや物販カウンター、多目的室兼個室を設置し、2~5号車(普通車)の座席にはコンセントやインアームテーブルを設け、公衆無線LANも利用可能とした。観光列車・イベント列車としての運行に加え、繁忙期の臨時列車や定期列車の代替輸送用としても運行される。

先に投入された「はまなす編成」は、北海道を代表する花、はまなすをイメージしたピンク色の外観カラーが特徴だった。「ラベンダー編成」は同じく北海道を代表する花であるラベンダーをイメージした紫色の外観カラーとなっている。












キハ261系5000番台「ラベンダー編成」の外観

#観光列車 #気動車 #車両新造 #改造 #新型車両 #JR北海道 #鉄道車両メーカー #特急列車


JR北海道「ラベンダー編成」姿を現す – 今年4月頃から使用開始予定

関連記事

FitbitがSuica対応のリストバンド型活動量計「Charge 4」を発売

九州新幹線西九州ルート、嬉野温泉駅舎出入口の愛称名決まる

リニア・鉄道館を飛行遊覧!? 新幹線食堂車で食事!? 3/15まで期間限定 体験ツアー実施中

JR東日本と農産物流通プラットフォームを共同運用

Suica対応Fitbit Charge 4が登場 日本のFitbitユーザーの移動と買い物がより快適に

【youtube】雪景色の長崎電気軌道の路面電車を撮り鉄してみた