車内に設置した広告用デジタルサイネージ 写真:京阪電鉄

京阪電気鉄道株式会社は2021年1月22日(金)より、京阪線で運用している6000系(112両)および13000系車両(85両)に、同社初となる車内広告用デジタルサイネージを順次搭載していくと発表しました。

株式会社交通電業社が開発した18.5インチ・FHD対応の鉄道車両用ディスプレイと、モバイルクリエイト株式会社の「移動体管理システム」のノウハウを活用したコンテンツ配信システムを採用。運用は株式会社京阪エージェンシーが担当します。

1車両につき親機1台・子機2台の3台とし、親機は4GLTE回線でサーバーから映像コンテンツを取得。同一車両内の子機に車内無線LANを介して映像コンテンツを配信します。

車内配置・機器構成イメージ 画像:京阪電鉄

また案内表示装置が持つ車両の位置情報等を活用し、大阪・京都など特定のエリアに限定して広告コンテンツを放映することも可能です。

当面の間は京阪グループ各社の広告を中心とした放映を行い、デジタルサイネージ搭載列車の増備が進んだ2022年春頃をめどに、京阪グループ外事業者の広告放映を開始するとしています。デジタルサイネージそのものは2022年度中に全対象車両への設置が完了する予定です。

鉄道チャンネル編集部

#広告 #株式会社 #車両 #京阪電鉄


京阪線6000系や13000系に広告用デジタルサイネージ、1月22日から順次搭載

関連記事

JR西日本「DLやまぐち号」津和野駅の転車台にて回転展示 – 5/1から

JR東海・JR西日本、車いすスペース6席設けたN700Sの購入方法を発表

人気集める転車台の実演

熊本の鉄道の魅力を写真で 被災前後の30点、大阪で展示へ

いすみ鉄道が乗車2000万人達成、記念式典実施

JR西日本が「極上の赤身肉」を販売、その狙いとは