JR東日本は19日、「Suica」などの交通系ICカードを入場券のように利用できる新たなIC入場サービス「タッチでエキナカ」を3月13日初電から開始すると発表した。

「タッチでエキナカ」の利用イメージ(JR東日本提供)

「タッチでエキナカ」は、エキナカ施設の利用や送迎などの目的で、在来線の駅構内に入場する際に交通系ICカードを利用できるサービス。同一駅の自動改札機を2時間以内に入出場した場合に適用され、利用料金は自動改札機を出場時に入金(チャージ)残額から自動精算される。

サービス対象箇所は、JR東日本「Suica」エリア(首都圏・仙台圏・新潟圏)の各駅在来線改札内で、在来線自動改札機(ゲート型)のみで利用可能。簡易改札機や新幹線改札機では利用できない。私鉄・地下鉄との乗換改札口など、一部対象外となる駅やコーナーも存在する。

利用額はきっぷの入場券と同額で、電車特定区間の駅は140円、それ以外の駅は150円。特別な手続きは必要なく、手持ちの交通系ICカードを自動改札機にタッチして入出場するだけで利用できる。

対象となる交通系ICカードは、「Suica」「PASMO」「Kitaca」「TOICA」「manaca」「ICOCA」「PiTaPa」「nimoca」「SUGOCA」「はやかけん」で、「モバイルSuica」「モバイルサービスのPASMO」やApplePayの「Suica」、他社アプリで発行された「Suica」、仙台エリアの「icsca(イクスカ)」でも利用できる。

#Suica #PASMO #ICOCA #交通系ICカード #JR東日本 #駅


JR東日本、新たなIC入場サービス「タッチでエキナカ」3/13開始へ

関連記事

「阪急レールウェイフェスティバル2021 ONLINE」を開催! 〜当社初のオンライン鉄道イベントをご自宅等でお楽しみください〜

JR東日本、宇都宮線・日光線に新型車両E131系 – 2022年春頃投入へ

鉄道博物館、東北新幹線39周年でイベント – 200系の連結部公開など

りんかい線、天王洲アイル駅1・2番線にホームドア – 6/20運用開始

JR東日本、相模線に新型車両E131系 – 4両編成、2021年秋頃から投入

SL運行日には多くの鉄道ファンが集う篠目駅(山口線)と楚原駅(三岐鉄道)へ!「鉄道ポスターの旅」(旅チャンネル)