JR東日本は19日、車両の入換作業や回送列車の牽引用として、交直流電車E493系を1編成(2両編成)新造し、2021年春以降、首都圏エリアに先行して投入すると発表した。

E493系の外観イメージ(JR東日本提供)

JR東日本では、車両の入換作業や回送列車の牽引用に機関車を使用しているが、国鉄時代に製造され、老朽化が進んでいるため、新型車両となる交直流電車E493系を投入することになった。

E493系は交流・直流を切り替える方式を採用しており、電化方式にかかわらず走行が可能。電車方式を採用することにより、機関車・貨車特有のメンテナンス方法や運転操縦を廃し、効率的なメンテナンスを行える点も特徴とされている。

E493系の編成イメージ(JR東日本提供)

2021年春以降に投入して性能評価や技術的検証を実施し、運用エリアについても検討の上、本格的な運用を開始する予定となっている。

#JR東日本 #新型車両 #車両新造 #改造 #電車


JR東日本E493系 – 車両入換&回送列車牽引用の交直流電車を投入へ

関連記事

JR東日本「空間自在ワークプレイス」実験「新幹線オフィス」も予定

東武鉄道、社有林の間伐材で作ったベンチを沿線の希望者に寄贈へ

東武鉄道「スペーシア」デビュー当時のリバイバルカラー車両が登場

京急電鉄、1000形新造車両を新たに3編成 – 2021年度の設備投資計画

近鉄、7/3ダイヤ変更 – 最終列車繰上げ、本数・区間の見直しなど

JR中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業、2028年度内竣工めざす