新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、首都圏の鉄道では20日から終電の時刻が繰り上がる。繰り上げ時間は最大10〜30分程度で、緊急事態宣言期間中の2月7日まで続く見通し。鉄道各社が乗客に注意を呼び掛けている。

 終電の繰り上げは、国土交通省や首都圏1都3県の知事が鉄道会社に要請した。首都圏の鉄道各社は元々、深夜のメンテナンス作業時間の確保などを理由に、春から終電の繰り上げを予定していたが、要請を受けて前倒しする形になった。ダイヤ改正は春まで行わず、終電付近の一部列車を運休するなどして対応する。【山本佳孝】

#首都圏 #終電 #要請 #新型コロナウイルス


首都圏の鉄道、20日から終電繰り上げ 10〜30分程度、2月7日まで

関連記事

ロッド・スチュワート、コンテナ7つで鉄道模型を米→英輸送

ツーリズムとよた×名古屋鉄道 タイアップ企画 『EMOTION!豊田篇』のキャンペーンが本格的に開始

参拝者などでにぎわい、地下化の計画も – 川崎大師駅(京急大師線)

「三陸鉄道」社長が語る、震災後の苦難と感謝の10年

JR西日本、白浜駅発着「くろしお」和歌山~白浜間の停車駅を統一へ

名鉄、平日朝の急行2本を対象に特別車両券「ミューチケット」発売