インプレスグループで鉄道・旅・歴史メディア事業を展開する株式会社天夢人(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝峰富雄)は、2021年1月21日に、『旅と鉄道』2021年3月号「鉄道旅事典2021」を刊行いたします。

 2021年に注目を集める鉄道シーンをまとめて紹介した「鉄道旅事典2021」を特集。新車両デビューや新駅開業はもちろんのこと、廃駅や廃線、車両の引退など、鉄道ファンには少々寂しいニュースも紹介。コロナ禍の中で頑張っている鉄道会社を応援できるよう、2021年の鉄道旅の最新情報と注目の旅をどこよりも先取りします。特別付録としてB5サイズ24ページの「2021年鉄道絶景カレンダー」付きです。もちろん、東京オリンピック・パラリンピックの日程変更による、最新の祝日を反映させているお役立ちカレンダーです。

特別付録として、最新の祝日を反映した、「鉄道絶景カレンダー2021」が付いてきます!

特別付録は開くとB4サイズのカレンダーとなる24ページの「鉄道絶景カレンダー2021」。多くのカレンダーが東京オリンピック・パラリンピックの延期による祝日の変更を反映できていない中で、とても役立つ最新の祝日を反映したカレンダーです。

2021年に起こるできごとなど、鉄道シーンを一挙掲載

ダイヤ改正にまつわる変更を中心に、2021年に変化する鉄道シーンを一挙盛り込んだ2021年のスケジュール予想を分かりやすくまとめています。

2021年の「車両TOPICS」を網羅! 注目は世界初となる阿佐海岸鉄道のDMVデビュー!

2021年の車両TOPICSを1.デビューする新車両 2.阿佐海岸鉄道のDMV 3.引退目前車両の3本立てとして特集。世界初の営業運行となる道路も線路も走れる車両DMV(デュアル・モード・ビークル)にも注目。気になる仕組みやルートについて紹介しています。

旅鉄Newsでは終電繰り上げを図で解説。通勤ライナーの終焉にも迫ります

2021年のNewsとして1.終電繰り上げで変わる旅事情、2.通勤ライナーの終焉、3.小田急ロマンスカーミュージアムのオープンを特集。首都圏、京阪神で行われる終電時間の繰り上げについては、これまでとの時間の差がひと目で分かるよう図で解説。通勤ライナーについては、全ライナーの歴史を表にまとめています。

旅鉄注目の旅は、115系のミステリーツアーに、三セクのD51導入、人気集まる廃線の旅

旅鉄注目の旅としてお届けするのが、コロナ禍においても頑張る鉄道会社独自の施策の数々。1.しなの鉄道の115系によるミステリーツアー、2.えちごトキめき鉄道のD51(デゴイチ)導入、3.豪華列車の旅がもっと身近に、4.廃線ブームがやってくる!? を特集。115系ミステリーツアーに鉄旅タレントの #木村裕子 さんがチャレンジしてくれたほか、しなの鉄道の運輸課に舞台の裏側をリモート取材。D51形を導入したえちごトキめき鉄道鳥塚社長にも、導入の狙いをお伺いしています。そのほかJR九州の「36ぷらす3」への乗車取材、旧北陸線トンネル群が日本遺産に認定された背景に迫っています。

コロナとともに生きていく時代へ。鉄道会社のコロナ対策も特集

一部都府県に緊急事態宣言が発令され、ますます緊迫する新型コロナウイルス事情。多くの乗客の安全のため、感染拡大を防ぐために、鉄道会社が取り組むコロナ対策にも迫ります。

2021年の大河ドラマの主人公となる渋沢栄一は、“明治の鉄道王”だった!?

大河ドラマ「青天を衝け」の主人公となる渋沢栄一。高い志をもって多くの事業に取り組み、資本主義の父といわれる渋沢ですが、その数々の成功には鉄道が必要不可欠でした。鉄道黎明期となる明治期において渋沢が手掛けた事業は鉄道界への貢献度も高く、まさに“明治の鉄道王”。その功績の数々をまとめてみました。

ありがとう日高本線鵡川〜様似間

2021年4月1日に廃止となるJR北海道日高本線鵡川〜様似間。海岸沿いの絶景区間を楽しませてくれた路線に感謝を込めて、往時の美しい風景をお届けします。

インタビュー「鉄道愛を語る」には、元鉄道マンでもある俳優の #田中要次 さんが登場

元国鉄職員で保線を担当していた、俳優の田中要次さんに、国鉄やJR勤務時代のこと、俳優業に経験が生きたこと、走らせたい列車などについて語っていただきました。

-目次-
【特集】鉄道旅事典2021
●2021年歴史的転換点を迎える日本の鉄道

●車両TOPICS
1. 2021年デビュー! 注目の新車両
2. 阿佐海岸鉄道 ついに、世界初のDMVが走り出す
3. 今、乗っておきたい 引退目前車両2021

●2021旅鉄News
1. 終電前繰り上げでどう変わる!? 鉄道旅事情
2. 通勤ライナーの時代が終わる!?
3. 2021年4月中旬開館予定 ロマンスカーミュージアム

●旅鉄注目の旅
1. 鉄道会社のアイデアで集客を目指す
しなの鉄道「秋の115系満喫号」でミステリー体験
2.デゴイチ導入で地域の鉄道熱を盛り上げる
えちごトキめき鉄道鳥塚社長に聞くD51形蒸気機関車導入の理由
3. 豪華列車の旅がもっと身近に
JR九州「36ぷらす3」が提案する新しい鉄道旅
4. 廃線ブームがやってくる!?
旧北陸線トンネル群が日本遺産に

●2021年は廃駅が相次ぐ一方、新駅も誕生する!
●鉄道会社のコロナ対策に迫る
●“資本主義の父”は“明治の鉄道王”だった!? 渋沢栄一と鉄道
●ありがとう日高本線

【連載企画】
●鉄道愛を語る 田中要次
●空から見た秘境駅 JR大糸線小滝駅
●久住昌之の終着駅から旅さんぽ 大雄山線(伊豆箱根鉄道)
●令和の鉄道員(ぽっぽや) 京王電鉄
●世界の鉄道 途中下車の旅 バイエルンアルプスを最短距離で突き進む絶景路線
●バイクで行く廃駅・廃線めぐり のと鉄道能登線
●ねこと鉄道 久留里線久留里駅
●車内絵日記 「立体的! 千葉モノレール車両基地」
●元祖鉄道アイドル木村裕子の 食べるテツには福来たる! 津軽線蟹田駅
●鉄道マンたちの青春劇場
●草軽電鉄物語 第一回 軽井沢「栄光の軌跡」 文/芦原 伸

●ひと目でわかる! JR 観光列車運行カレンダー
●私鉄・三セク 観光列車運行カレンダー
●鉄道旅をもっと楽しく 情報トレイン
●私の好きな「駅弁(東日本編)」ランキング

【特別付録】
鉄道絶景カレンダー2021

【書誌情報】
書名:旅と鉄道2021年3月号「鉄道旅事典2021」
仕様:A4変型判128ページ・特別付録「鉄道絶景カレンダー2021」
定価:1210円(税込)
発売日:2021年1月21日

全国書店、オンライン書店のAmazonなどで発売中。
https://amzn.to/2Wlh6Mv

【株式会社天夢人】 https://temjin-g.com/
2007年設立。隔月刊雑誌『旅と鉄道(奇数月21日発売)』をはじめとする、鉄道・旅・歴史・民俗・カルチャーをテーマとした雑誌や書籍を発行し、人生を豊かにするための情報を発信しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役: #松本大 輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」「学術・理工学」「旅・鉄道」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。
以上
________________________________________
【本件に関するお問合せ先】

株式会社天夢人 担当:真柄
Tel: 03-6413-8755 / E-mail: tabitetsu@temjin-g.co.jp
URL:https://temjin-g.com/

#車両 #引退 #祝日 #付録


2021年の新車両、引退車両、注目の鉄道旅を取り上げた『旅と鉄道』2021年3月号「鉄道旅事典2021」を発刊! 最新の祝日を掲載した、特別付録「鉄道絶景カレンダー」付き

関連記事

JR東日本「空間自在ワークプレイス」実験「新幹線オフィス」も予定

東武鉄道、社有林の間伐材で作ったベンチを沿線の希望者に寄贈へ

東武鉄道「スペーシア」デビュー当時のリバイバルカラー車両が登場

京急電鉄、1000形新造車両を新たに3編成 – 2021年度の設備投資計画

近鉄、7/3ダイヤ変更 – 最終列車繰上げ、本数・区間の見直しなど

JR中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業、2028年度内竣工めざす