山陽電気鉄道は18日、車内放送の均質化と多言語化をめざし、列車内での多言語自動放送を1月20日から開始すると発表した。通常時の案内に加え、異常時における案内の一部も多言語化することにより、訪日外国人客へのサービス向上を図る。

山陽電気鉄道が列車内での多言語自動放送を開始する
タブレット端末を操作している様子

本線ならびに神戸高速線を運行する山陽電気鉄道の所属車両が対象。相互直通運転を行う阪神電気鉄道の所属車両(普通車を除く)も同様の多言語自動放送を導入済みで、高速神戸駅以西の区間でも多言語自動放送を開始する。

多言語自動放送の時間帯は7~21時を基本とし、日本語・英語のほか、一部で中国語・韓国語にも対応。車掌が放送用タブレット端末を操作することにより、自動で放送が行われる。

#山陽電気鉄道 #電車 #阪神電気鉄道


山陽電気鉄道が多言語自動放送、車内放送の均質化・多言語化めざす

関連記事

旧国鉄福知山機関区の歴史と鉄道員の奮闘ここに SL専門誌が特集

京阪3000系「プレミアムカー」連結、平日の快速特急「洛楽」に乗車

津田沼戦争の象徴、閉店決定したパルコの買い物客数減らした「鉄道の開業」

【youtube】ダイヤ改正で利用できる列車に変化?青春18きっぷで乗車できる観光列車にも注目!

世界の鉄道システム市場ーシステムタイプ別(補助動力、HVAC、推進力、車載制御、その他)、車両タイプ別(機関車、メトロ、モノレール、乗用車、その他)最後用途別(乗用車 、貨物列車)ー地域予測2027年

「バス旅」太川陽介の“新パートナー”候補に浮上したアノ“番組大ファン”