智頭急行は2021年3月13日にダイヤ改正を実施し、夕方以降の上郡駅において、JR山陽本線との乗換え時間の短縮を図る。同社は土休日に恋山形駅で25分間停車する列車を設定しており、3月13日以降も継続される。

智頭急行の車両HOT3500形。JR因美線の普通列車にも使用される

夕方以降の時間帯、現行の岡山駅18時0分発の普通列車(姫路行)を利用した場合、上郡駅の到着時刻は18時53分。同駅を18時51分に発車する智頭急行の普通列車に間に合わず、次の普通列車(上郡駅19時21分発、大原行)まで待つ必要があった。この状況を改善するため、ダイヤ改正で上郡駅18時58分発・大原駅19時45分着の列車を設定。上郡駅での乗換え時間を現行の28分から5分に短縮する。

また、現行の智頭駅17時54分発・上郡駅19時9分着の普通列車は智頭駅17時54分発・上郡駅19時16分着に、現行の大原駅19時10分発・上郡駅19時57分着の普通列車は大原駅19時10分発・上郡駅20時0分着に変更。いずれも上郡駅の到着時刻を繰り下げることにより、相生・姫路方面への列車との乗換え時間が4~8分(現在は11~15分)に短縮される。

智頭急行では、山間の無人駅である恋山形駅を「恋の駅」と位置づけ、駅の設備をピンクに塗り替えるリニューアルを行うなどの取組みを実施。この一環で、多くの利用者に観光してもらうことを目的に、上下各1本の普通列車を土休日のみ時刻変更し、恋山形駅に25分間停車する列車を設定している。ダイヤ改正後も引き続き土休日に設定され、上りは智頭駅を13時6分に発車した後、恋山形駅13時12分着・13時37分発で上郡駅まで運転。下りは上郡駅を13時12分に発車し、恋山形駅14時20分着・14時45分発で智頭駅まで運転される。

#気動車 #JR西日本 #ダイヤ改正 #中小私鉄 #三セク


智頭急行ダイヤ改正、一部列車でJR山陽本線との乗換え時間を短縮

関連記事

JR北海道キハ40形「国鉄一般気動車標準色塗装」車両、釧路駅で披露

上田電鉄、別所線が3/28全線運転再開 – 当日は「無料乗車デー」に

京成トラベル「成田空港今昔ツアー」開催、旧成田空港駅の見学も

JR東日本など4社「未来の物産展 from 青森」VR技術で観光名所体験

JR東日本社員が撮影、185系写真展 – 東京駅「グランルーフ」で開催

鋼索鉄道事業の旅客運賃上限変更認可ならびに運賃改定の実施について