1月20日に始まる鉄道の終電時刻繰り上げを前に、経路探索アプリやWebサービスが相次いで新ダイヤへの対応を進めている。20日(水)以降の日付を設定すれば終電の時間や乗り継ぎ方法が分かる。
 ヤフーは18日、乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」(Android、iOS)とWebブラウザ版「Yahoo!路線情報」で終電時刻の繰り上げに対応したと発表した。東海道新幹線・山陽新幹線の臨時列車の運休も反映した。
 ヴァル研究所は16日までに「駅すぱあと」の経路探索エンジンを搭載するすべての製品とサービスを終電時刻の繰り上げに対応させた。「NAVITIME」のナビタイムジャパンと「乗換案内」のジョルダンも18日昼までにアプリを含む全サービスの対応を済ませている。
 「利用者には順次告知する。20日以降の日付を設定し、ルート検索や時刻表検索を行うと終電繰り上げに対応した結果を確認できる」(ナビタイムジャパン)
 終電時刻の繰り上げは1月7日に発出された緊急事態宣言に伴い、国土交通省や関係自治体から鉄道各社に要請した。首都圏にある25の鉄道会社は20日から当面の間、終電時刻を10分から30分程度繰り上げる。路線によっては終電接続を行わない場合もあり、鉄道各社は時間に余裕を持った行動を呼びかけている。

#終電 #Yahoo #乗換案内 #アプリ


終電繰り上げ、経路探索サービスの対応進む 「Yahoo!乗換案内」「駅すぱあと」「NAVITIME」など

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場