JR貨物は、貨物駅で荷物の積み下ろしを行うトラックドライバーのために開発した「トラックドライバー用アプリ(仮称)」の試運用を2021年度下期から開始すると発表した。

「トラックドライバー用アプリ(仮称)」の機能イメージ

このアプリでは、これまでトラックドライバーが直接参照することのできなかった各種情報をドライバーのスマートフォンへリアルタイムに提供する機能を搭載。貨物列車の走行位置や遅延情報をいつでもドライバーが確認できるようになる。列車遅延による作業変更などが生じた場合は、貨物駅からアプリを通してその情報をドライバーに知らせる。

コンテナ持込・持出時間の予約ができる機能も搭載。荷物の受け渡しがスムーズに行えるようになるほか、各運送事業者の効率的な配車計画にも役立つとしている。駅構内でのコンテナ所在位置をマップ表示することもでき、トラックドライバーが駅構内で降車して荷下ろし場所を探す必要がなくなり、作業安全性も向上するという。

アプリ画面イメージ

2021年度下期から、函館貨物駅、仙台貨物ターミナル駅、隅田川駅、静岡貨物駅、百済貨物ターミナル駅、北九州貨物ターミナル駅の計6駅を試運用駅として、これらの機能を順次リリースする計画となっている。利用状況や課題を精査した上で、機能の改修やその他機能の拡充を行う。2022年度中に全国のコンテナ取扱駅へ順次展開していく予定としている。

#JR貨物


JR貨物「トラックドライバー用アプリ(仮称)」2021年度下期に試運用

関連記事

午前中を行く高崎線の車窓_すれ違うキヤE195系、秩父鉄道 三ヶ尻線のいま

道の駅「したら」オープンへ

鉄道減便、効果に疑問=通勤減らず混雑誘発—新型コロナ

JR四国2000系が登場した1989年、JR北海道キハ281系や北斗星24系_富士重工業 SUBARU の躍動

道の駅「したら」オープンへ=愛知県設楽町〔地域〕

知る人ぞ知る「究極」の駅が東北に? バリアフリー設備が充実した駅を旅行作家が厳選