国土交通省は15日、ひたちなか海浜鉄道から申請されていた鉄道事業法第3条にもとづく第一種鉄道事業許可申請について、湊線の終着駅である阿字ヶ浦駅から国営ひたち海浜公園西口付近までの延伸事業(2つの新駅を含む3.1kmの延伸)を1月15日付で国土交通大臣が許可したと発表した。許可路線の開業は2024年春を予定している。

ひたちなか海浜鉄道キハ11形
ひたちなか海浜鉄道の延伸事業について(出典 : 国土交通省報道発表資料)

この延伸事業は、ひたちなか市のまちづくりと連携し、公共交通の維持・確保や移動の利便性向上を図るとともに、地域の活性化を図るため、湊線の延伸についてひたちなか海浜鉄道から申請された。

本格工事は2022年度から開始され、2024年春の開業をめざす。延伸により、年間200万人以上が訪れる「国営ひたち海浜公園」へのアクセスの多様化が図られ、鉄道を利用して公園を訪れる利用者の増加が見込まれるとともに、終端駅に交通ターミナル機能を整備することによる交流人口の拡大や地域活性化が期待されている。

#新線 #中小私鉄 #三セク


国交省、ひたちなか海浜鉄道の延伸事業を許可 – 2024年春開業予定

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場