JR東海は15日、一時帰休を実施することについて、各労働組合に対し提案したと発表した。駅・運輸所および車両所・工場などで勤務する社員を対象に、1日あたり約400名規模の一時帰休を実施する。期間は1月25日から2月28日までとされている。

JR東海が一時帰休の実施について発表

同社の説明によれば、「新型コロナウイルス感染症の拡大等の影響に伴い、会社発足以来の厳しい経営環境」だという。列車の運転計画の変更などにより、一時的に業務量が減少することに加え、社員の感染防止の観点から、一時帰休の実施について各労働組合に提案したと発表している。

#新幹線 #JR東海 #電車


JR東海「発足以来の厳しい経営環境」約400名規模の一時帰休を実施

関連記事

四日市あすなろう鉄道、交通系ICカードシステムを8/21始発から導入

【youtube】嵯峨野観光鉄道トロッコ嵯峨駅にて点検中のDE10形ディーゼル機関車を見させてもらいました!

JR東海、大阪台車検査車両所に新幹線台車の不具合を体感できる装置

京急空港線、鉄道運転用電力量を再生可能エネルギーに置き換え運行

上毛電気鉄道の元京王3000系で運転・車掌体験、東武トップツアーズ

沢口靖子・鉄道捜査官のメンバーが大幅変更!新展開に高まる「期待」