インプレスグループで鉄道・旅・歴史メディア事業を展開する株式会社天夢人(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝峰富雄)は、2021年1月16日に、旅鉄Bizシリーズ『渋沢栄一と鉄道』を刊行いたします。

渋沢栄一の事績から日本の鉄道黎明期を読む
 2021年の大河ドラマ主人公、2024年に改刷される新1万円札の肖像にも選ばれ、近年注目を集める渋沢栄一。数多の企業を興し、日本の「資本主義の父」とも称される。生涯で500以上の企業に関わったとされる渋沢だが、実は、鉄道に関しても北は北海道から南は九州、海外も含めて40を超える鉄道会社・団体に関わっている。
 なぜ、渋沢は多くの鉄道会社を立ち上げ、サポートしたのか。その鉄道に関する事績を紐解くことで、日本の近代化における鉄道の役割、単なる交通インフラではない、街を、産業を、経済を発展させるツールとしての鉄道の在り方を考える一冊です。

■目次
はじめに
第1章 渋沢栄一の鉄道体験
第2章 渋沢栄一と鉄道開業
第3章 渋沢栄一と日本鉄道
第4章 渋沢栄一と大阪の鉄道
第5章 渋沢栄一と東京駅
第6章 渋沢栄一と東急電鉄
第7章 渋沢栄一と鉄道旅行
おわりに

【渋沢栄一の関与した鉄道事業者(一部)】
・日本鉄道(現・JR東北本線など)
・目黒蒲田電鉄(現・東急電鉄)
・京阪電気鉄道
・西成鉄道(現・JR大阪環状線など) 

■旅鉄Bizシリーズ
鉄道や旅、それらにまつわることを経済的視点、ビジネス的視点から読み解く新シリーズです。2020年12月から、順次展開中です。ご期待ください。

■著者
小川裕夫(おがわ・ひろお)
1977年、静岡県静岡市生まれ。行政誌編集者を経てフリーランスのライター・カメラマンに。取材テーマは総務省・旧内務省・旧鉄道省の所管する範囲。著書に『東京王』(ぶんか社)、『私鉄特急の謎』(イースト新書Q)、『歴史から消された禁断の鉄道史』(彩図社文庫)など。

【書誌情報】
書名:渋沢栄一と鉄道
仕様:四六判、264ページ
定価:1500円+税
発売日:2021年1月16日

全国書店、オンライン書店のAmazonなどで発売予定
https://amzn.to/2TsWmB1

【株式会社天夢人】 https://temjin-g.com/
2007年設立。隔月刊雑誌『旅と鉄道(奇数月21日発売)』をはじめとする、鉄道・旅・歴史・民俗・カルチャーをテーマとした雑誌や書籍を発行し、人生を豊かにするための情報を発信しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役: #松本大 輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」「学術・理工学」「旅・鉄道」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。
以上

【本件に関するお問合せ先】
株式会社天夢人   担当:篠原
Tel: 03-6413-8755 / E-mail: info@temjin-g.co.jp
URL:https://temjin-g.com/

#渋沢栄一 #フォーカス #株式会社 #東京


旅鉄Bizシリーズ第2弾 渋沢栄一の鉄道にまつわる事績にフォーカス 『渋沢栄一と鉄道』を刊行

関連記事

初代0系風列車でお祝い JR新居浜、伊予西条両駅100年 愛媛

渋谷駅ホーム移設や秋田新幹線の雪落とし装置 土木学会が学会賞表彰 鉄道関係で10件受賞【コラム】

ホームドアない駅は「欄干ない橋」と同じ…視覚障害者に死の恐怖「整備急いで」

北陸新幹線敦賀延伸後、在来線特急の福井方面直通を断念した事情

大坂の「八百八橋」を支えた金融と政治の街 – 淀屋橋駅など(前編)

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信