インプレスグループで鉄道・旅・歴史メディア事業を展開する株式会社天夢人(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝峰富雄)は、2021年1月16日に、JR路線大全I『函館本線・北海道各線』を刊行いたします。

 「JR路線大全」は、JR旅客6社の営業路線を全10巻で解説するシリーズとして、ご好評を頂いております。シリーズ5冊目として、第1巻「函館本線・北海道各線」を発売いたします。
 本書では、北海道新幹線を含むJR北海道の全路線を、詳しい解説や路線データとともに収録しています。2021年3月ダイヤ改正で廃止が予定されている駅は、その旨も注記しています。北海道の鉄道というと、広大なものの人口密度が低いため、経営が厳しいというニュースを度々耳にします。本書の写真を見ると、美しい景色の一方で、乗客数が少ない現実もうかがえます。
 また、1970年から始まった路線の廃止についても、今回は特別に章を設け、廃線を含む路線図や往年の写真とともに掲載しています。かつて、北海道の各都市を縦横に結んだ鉄道路線網について、理解を深めることができます。
 最終章では、北海道にまつわる車両を解説しています。JRの全路線と主要車両を扱う本シリーズを、愛蔵版として、ぜひお手元にお揃えください。

■『函館本線・北海道各線』の誌面構成
1章は函館本線、2章は北海道の幹線路線、3章は北海道の地方交通線、4章は北海道新幹線を解説しています。見開きいっぱいの大きな写真と、詳細なデータが本書の特長です。

釧網本線の誌面です。各路線の導入には、その路線の雰囲気を象徴する絶景写真を大きく入れています。本文では、駅名・営業キロなどのデータ、地図等を掲載し、詳しく解説しています。

5章では廃止された北海道の国鉄・JR線を取り上げています。廃線を含む北海道全体の路線図を掲載しているので、照らし合わせながら読めば、往年の鉄道網について理解が深まります。

6章「車両解説」では、733系やH100形、キハ261系などの最新車両はもちろん、711系や781系などの懐かしい車両も掲載しています。

■本書で取り上げている路線と車両

●第1章 函館本線
函館本線(函館〜小樽間、小樽〜旭川間)
函館本線の駅(函館駅、新函館北斗駅、小樽駅)
コラム:函館本線を全線走破した特急「北海」

●第2章 北海道の幹線路線
根室本線/千歳線/室蘭本線/石勝線

●第3章 北海道の地方交通線
富良野線/留萌本線/宗谷本線/釧網本線/石北本線/札沼線/日高本線

●第4章 北海道新幹線
北海道新幹線(海峡線を含む)

●第5章 北海道の廃止路線
根北線/札沼線/南美唄支線/夕張線/白糠線/相生線/渚滑線/万字線/岩内線/興浜北線/興浜南線/美幸線/手宮線/胆振線/富内線/広尾線/瀬棚線/湧網線/士幌線/羽幌線/幌内線/松前線/歌志内線/標津線/天北線/名寄本線/池北線/上砂川支線/深名線/江差線/留萌本線/夕張支線

●第6章 車両ガイド
通勤・近郊形電車 711系/721系/731系・キハ201系/733系/735系
特急形電車 781系/789系/785系
一般形気動車 H100形/キハ40系/キハ54形/キハ141系/キハ150形
特急形気動車 キハ183系/キハ281系/キハ283系/キハ261系
機関車 ED76形500番代/ED79形/EH800形/DF200形

■今後のラインナップ
『JR路線大全』シリーズでは、下記の発行を予定しています。冒頭の数字は巻数で、発行順とは異なります。

I 函館本線・北海道各線 (2021年1月刊行)
主な掲載路線:函館本線/留萌本線/釧網本線/千歳線/札沼線/北海道新幹線ほか
II 東北本線
主な掲載路線:東北本線/日光線/仙石線/石巻線/釜石線/大湊線/東北新幹線ほか
III 羽越・奥羽本線
主な掲載路線:羽越本線/奥羽本線/五能線/花輪線/米坂線/白新線/磐越西線ほか
IV 首都圏各路線 (2020年9月刊行)
主な掲載路線:山手線/高崎線/埼京線/八高線/常磐線/水郡線/総武本線ほか
V 東海道本線 (2020年1月刊行)
主な掲載路線:東海道本線/横須賀線/御殿場線/飯田線/草津線/東海道新幹線ほか
VI 中央・関西・紀勢本線 (2020年2月刊行)
主な掲載路線:中央本線/青梅線/飯山線/大糸線/関西本線/紀勢本線/参宮線ほか
VII 北陸・信越本線
主な掲載路線:北陸本線/小浜線/城端線/高山本線/信越本線/上越線/両毛線ほか
VIII 近畿圏・山陰本線
主な掲載路線:大阪環状線/福知山線/阪和線/桜井線/山陰本線/境線/山口線ほか
IX 山陽本線・四国各線 (2020年6月刊行)
主な掲載路線:山陽本線/芸備線/小野田線/予讃線/土讃線/高徳線/鳴門線ほか
X 鹿児島本線・九州各線
主な掲載路線:鹿児島本線/久大本線/博多南線/日豊本線/長崎本線/佐世保線ほか

※上記ラインナップは予定です。掲載路線等は変更になる場合があります。

【書誌情報】
書名:JR路線大全I 函館本線・北海道各線
仕様:A5判 160ページ
定価:1800円+税
発売日:2021年1月16日

全国書店、オンライン書店のAmazonなどで発売中。
https://amzn.to/2V5an8E

【株式会社天夢人】 https://temjin-g.com/
2007年設立。隔月刊雑誌『旅と鉄道(奇数月21日発売)』をはじめとする、鉄道・旅・歴史・民俗・カルチャーをテーマとした雑誌や書籍を発行し、人生を豊かにするための情報を発信しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役: #松本大 輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」「学術・理工学」「旅・鉄道」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

以上

【本件に関するお問合せ先】
株式会社天夢人   担当:林
Tel: 03-6413-8755 / E-mail: info@temjin-g.co.jp
URL:https://temjin-g.com/

#北海道 #大全 #函館 #国鉄


JR路線大全I『函館本線・北海道各線』刊行 広大な北海道を結ぶJR全路線・全駅名に加え、廃止になった国鉄・JR線も収録

関連記事

上越に春 「跳ね馬」くっきり 例年より雪解け早く 新潟・妙高山

JR北海道、東風連駅を移設・改称 – 駅と鉄道の再生へ前向きな解決

近鉄奈良線、平城宮を迂回&大和西大寺駅高架化へ – 現在の状況は

養老鉄道に3両編成ラッピング電車 – 大垣ケーブルテレビ新ロゴ入り

「阪急マルーン」カラーインク&阪急電車オリジナル万年筆4/26発売

南海電鉄と泉北高速鉄道、両社の特急車両に無料Wi-Fiサービス導入