一般社団法人BRIDGE KUMAMOTOは、豪雨災害で水没したくま川鉄道の記念きっぷを素材にした切り絵アート「田園シンフォニーをもう一度」を発売した。

記念きっぷを再利用した切り絵アート「田園シンフォニーをもう一度」

くま川鉄道の走る人吉・球磨地方は2020年7月の豪雨災害で大きな被害を受け、登録有形文化財だった球磨川第四橋梁が流出。保有車両も5両すべて浸水し、事務所や駅舎も水没した。いまなお全線で運休が続いている。

今回発売された「田園シンフォニーをもう一度」は、切り絵作家の渡邊義紘(わたなべ・よしひろ)さんにより、豪雨災害で水に浸かってしまった記念きっぷが切り絵アートに生まれ変わった。観光列車「田園シンフォニー」がもう一度走る姿を見たいとの思いを込めて、5両の列車の前面を表現した。額縁は熊本県甲佐町の障がい者支援センター「あゆの里」で制作した。

水に浸ってしまった記念きっぷ

価格は1万1,000円。1点につき5,000円がくま川鉄道への寄付となる。BRIDGE KUMAMOTOのオンラインショップで販売する。

#記念きっぷ #中小私鉄 #三セク #鉄道災害 #復旧 #子鉄


「田園シンフォニーをもう一度」くま川鉄道の記念きっぷがアートに

関連記事

JR東日本「空間自在ワークプレイス」実験「新幹線オフィス」も予定

東武鉄道、社有林の間伐材で作ったベンチを沿線の希望者に寄贈へ

東武鉄道「スペーシア」デビュー当時のリバイバルカラー車両が登場

京急電鉄、1000形新造車両を新たに3編成 – 2021年度の設備投資計画

近鉄、7/3ダイヤ変更 – 最終列車繰上げ、本数・区間の見直しなど

JR中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業、2028年度内竣工めざす