中国各地の鉄道当局はこのほど、乗客の安全を確保するため、駅や待合ホール、列車に対する感染症予防・抑制措置を強化しています。

瀋陽駅では2時間おきに待合ホールを消毒しています。消毒・殺菌・検温ロボットも設置し、定期的な消毒・殺菌とともに乗客の検温も行っています。ロボットが吹きかける消毒ミストは無臭なため乗客の衣類への影響はありません。ロボットはマスク未着用の乗客を見つけると自動で警告します。また移動中に音声や動画を通じて感染予防に関する注意事項も知らせます。

ベトナムとの国境に近い広西チワン族自治区の憑祥駅では、待合室やトイレ、券売所などを中心に消毒・殺菌の頻度と強度を増しています。済南市の鉄道当局は、列車内に応急セットや検温セットなどを配備するとともに、トイレ内の取っ手や蛇口など乗客が頻繁に触れる箇所を定期的に消毒しています。(提供/CRI)

#乗客 #感染症 #予防 #確保


感染症の予防・抑制措置を強化、乗客の安全を確保=鉄道当局

関連記事

横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

「回数券」は死語になる!? 鉄道回数券の相次ぐ廃止でも激安で乗る「裏技」はまだある!

新幹線「ALFA-X」&「はやぶさ10周年記念」Tシャツの予約販売開始

【youtube】天橋立駅でぶらぶらしつつ撮り鉄してみた

「西武園ゆうえんち」5/19オープン、ゴジラのアトラクションも登場

【ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路】お子様の“鉄分”補給にぴったりな鉄道ルームが誕生!