テレビ東京系列で毎週土曜日夜10時から放送中の『新美の巨人たち』。1月16日放送の「“移動する建築”岡部憲明『小田急ロマンスカーGSE』×要潤」では、建築家・岡部憲明氏がデザインを担当した小田急電鉄のロマンスカー・GSE(70000形)が登場する。

『新美の巨人たち』に小田急電鉄のロマンスカー・GSE(70000形)が登場。要潤さんが“移動する建築”の美を堪能する

GSEは「箱根に続く時間(とき)を優雅に走るロマンスカー」をコンセプトに、小田急ロマンスカーの伝統を形にした新型車両として、2018年3月にデビュー。デザインを担当した岡部憲明氏は、パリの街で異彩を放つ建築「ポンピドゥー・センター」の設計に関わり、その経験から、関西国際空港をはじめとするさまざまな建築を手がけてきた。ばらの花から着想を得た「ローズバーミリオン」のカラーリングをはじめ、142mの巨大で横長の車体、大きな窓など、GSEのすべてに岡部氏の学びが生かされているという。

車内においては、鉄道車両に本来あるべきものが取り除かれたほか、天井、いす、窓をじっくり見ると、建築家ならではの挑戦も浮かび上がってくる。そこには50年以上に及ぶ小田急ロマンスカーの歴史も関係しており、とくに東海道本線の特急「こだま」の登場が、その誕生に大きく影響を与えているとのこと。伝統と革新の狭間で生まれた新車両の物語をたどるとともに、ロマンスカーのDNAを感じさせるファン必見の情報も公開する。

ロマンスカー・GSEの外観
小田急線を走行するGSE
要潤さんがGSEの運転席に乗り込む場面も

今回のアートトラベラーは要潤さん。車両基地を訪れ、普段は立ち入れないGSEの運転席にも乗り込みつつ、“移動する建築”の美を堪能する。ナレーターは貫地谷しほりさん。『新美の巨人たち』の「“移動する建築”岡部憲明『ロマンスカー70000形GSE』×要潤」は、テレビ東京系列にて1月16日夜10時から放送。BSテレビ東京でも、1月23日の夜11時30分から放送を予定している。

#小田急電鉄 #電車 #特急列車


小田急ロマンスカーGSE、テレ東『新美の巨人たち』登場 – 1/16放送

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場