タカラトミーは、JR九州とピクサー・アニメーション・スタジオがコラボレーションした新幹線デザインの鉄道玩具「プラレール SC-02 JR九州 WAKU WAKU ADVENTURE 新幹線」を、2021年1月21日に全国の玩具店およびJR九州商事のオンラインショップ「九州の旅とお取り寄せ」などで発売する。

3両編成、「手転がし遊び」も楽しめる

20年9月〜21年5月ごろまで博多〜熊本・鹿児島中央の区間を運行し、「トイ・ストーリー」や「ファインディング・ニモ」、「モンスターズ・インク」などピクサーのキャラクターたちがラッピングされた「WAKU WAKU ADVENTURE 新幹線」がプラレールに登場。

ボディとシャーシを載せ換えて楽しめる「のせかえシャーシ」に対応。3両編成で、それぞれ連結と切り離しが可能。2スピード・スイッチをオフにすれば”手転がし遊び”も楽しめる。列車カードが付属。

電源は単3形アルカリ乾電池×1(別売)。

価格は3000円(税別)。

このほか、「TOMIX」ブランドから、鉄道模型「Nゲージ」の「特別企画品 九州新幹線 800-1000 系(JR九州 WAKU WAKU ADVENTURE 新幹線)セット」も3月に発売する。

価格は3万3000円(税込)。

#新幹線 #玩具 #プラレール #トイ・ストーリー


「トイ・ストーリー」などをラッピングした新幹線 鉄道玩具「プラレール」に

関連記事

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示