近畿日本鉄道は8日、大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時0分発の名阪特急について、2月13日からすべて「ひのとり」で運転すると発表した。大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時30分発など主要駅に停車する名阪特急は「アーバンライナー」での運転となる。

近鉄の新型名阪特急「ひのとり」

昨年3月にデビューした新型名阪特急「ひのとり」は、全席バックシェルを採用し、プレミアム車両は全席3列シートで座席間隔を日本最大級とするなど、「くつろぎのアップグレード」をコンセプトにワンランク上の快適さを提供。2020年度上半期のプレミアム車両の乗車率は約7割と、コロナ禍においても好調だという。

2月13日以降、平日・土休日ともに大阪難波駅・近鉄名古屋駅を毎時0分に発車する名阪特急はすべて「ひのとり」に。土休日は大阪難波駅を16~18時台の毎時20分に発車する列車なども含め、停車駅の少ないタイプの名阪特急はいずれも「ひのとり」で運転される。2月13日からの「ひのとり」の運転本数は土休日19往復、平日15往復となる。

2月13日以降の「ひのとり」時刻表
「ひのとり」のプレミアム車両は全席3列シート
大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時30分発など主要駅に停車する名阪特急は「アーバンライナー」で運転

同じく2月13日以降、平日・土休日の大阪難波駅・近鉄名古屋駅毎時30分発の列車を中心に、主要駅に停車するタイプの名阪特急はすべて「アーバンライナー」(「アーバンライナー・ネクスト」または「アーバンライナー・プラス」)に。運転本数は17往復(早朝の名張発近鉄名古屋行などを含む)とされている。

#近鉄 #新型車両 #電車 #特急列車


近鉄「ひのとり」大阪難波・近鉄名古屋駅毎時0分発の全列車で運転

関連記事

軽ワゴンの女性「車が来ないか気を取られ、警報音に気付かず」…踏切で列車と衝突

栗橋駅デッドセクションのまわりを歩く鉄さんぽ1時間

近鉄12200系の名阪特急を運転、中川短絡線も通過 – ラストラン迫る

愛される「ガチャコン電車」 滋賀の老舗私鉄・近江鉄道 「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in滋賀」から【コラム】

SKE48・須田亜香里、『バス vs 鉄道』で大号泣 相手チームにあおられ…

『バス vs 鉄道旅』勝敗わけた運命の1路線に太川陽介絶叫 バス旅の経験が仇に…