写真:阿佐海岸鉄道

阿佐海岸鉄道は2020年度内のDMV営業運行開始を断念。全体スケジュールを見直し、2021年東京オリンピック・パラリンピックまでの運行開始を目指す。

線路と道路の両方(デュアル)を走れるデュアル・モード・ビークル DMV は、元々JR北海道が開発していた車両だ。北の大地では実用化されなかったが、阿佐海岸鉄道が導入を決め、世界初の営業運転に向けて準備を進めてきた。

導入の延期には様々な要因がある。新型コロナウイルスの影響により、関係機関との協議が実施できない時期があったこと。「安全運行のため」のマニュアルづくりや、DMV運転保安システムの「初の現場設置」などは関係者にとっても未経験の作業であり、協議に想定以上の時間を要したこと。試験項目の充実や更なる安全対策の追加により、安全性の確保に要する時間も伸びている。

2020年12月18日に「第2回技術評価検討会」で性能試験項目は確定。1月には性能試験に必要なハード整備も完了した。今後の予定としては、春頃に性能試験・全てのハード整備を完了させたのちに習熟訓練を開始。「第3回技術評価検討会」で性能試験結果の評価・安全性の確認を行い、習熟訓練完了ののち、オリ・パラまでに営業運転に入る。

鉄道チャンネル編集部

#スケジュール #東京 #営業 #道路


阿佐海岸鉄道、DMV導入スケジュール変更 2021年東京オリ・パラまでに安全運行開始目指す

関連記事

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示