中日本航空、名古屋鉄道、ANAホールディングスは1月6日、三重県との受託契約にもとづき、「空飛ぶクルマ」が実用化された際のルートを想定したヘリコプターによる実証実験を行うと発表した。

実証実験に使用するヘリコプター「ベル430」(巡航速度230km/h、定員8名)

「空飛ぶクルマ」は、身近で手軽な空の移動手段として期待されている新たな空のモビリティで、世界中で機体や各種関連技術開発が進んでいる。国内でも実用化に向けたユースケースの検討や環境整備に向けた検討が行われており、三重県も実証実験の誘致や事業者の支援などに取り組んでいる。

今回は、志摩スペイン村第3駐車場から中部国際空港まで、片道約60kmの距離で実証実験を行う。地上交通を利用した場合、高速道路を利用しても約2~3時間かかるが、空を使った移動では約20分と大幅に時間を短縮できるメリットがある。

実証実験では、「空飛ぶクルマ」の代替としてヘリコプターを活用し、旅客輸送、中部国際空港での旅客の乗継ぎ、地上交通を利用した旅客の志摩スペイン村や中部国際空港での乗換えを実際に行い、ルート飛行における法令や手続きに関する課題の抽出、空港や場外離着陸場の利便性確認に取り組む。空港内で旅客便から「空飛ぶクルマ」への乗継ぎを想定し、実際に搭乗者の乗換えを通じて課題抽出する取組みは全国初だという。

1月13・14日の2日間、1日1往復(2フライト)を実施する予定。悪天候などの場合は予備日の1月27・28日に変更する。

#名鉄


名鉄など参画、三重県で「空飛ぶクルマ」実用化を想定した実証実験

関連記事

世界の鉄道車両市場は、2021年から2027年までの予測期間中、年平均成長率3.1%で成長すると予測されている

創元社「鉄道手帳」が史上最大リニューアル、ユーザー限定 鉄道手帳WEB アクセス権つき

コンカー、Suicaの利用履歴データを自動連携‐10月から提供開始

JR西日本「名探偵コナン列車」1編成が新デザインとなって運行開始

近鉄「青の交響曲」5周年企画第2弾、沿線の社寺・店舗と魅力を発信

京成「親子で電車運転シミュレータ体験プログラム」座学に実技も