JR旅客6社は6日、年末年始期間(昨年12月25日〜今月5日)の新幹線や特急列車などの利用状況を公表した。新型コロナウイルスの感染再拡大で帰省や旅行の自粛が響き、利用客数は前年同期比68%減の計約487万9000人。統計の残る1991年末以降で最低を記録した。
 利用客数の内訳は、JR西日本が70%減で、北海道69%減、東海68%減、東日本と四国が67%減、九州が61%減と続き、各社とも大幅に落ち込んだ。 

#JR #年末 #年末年始 #最低


年末年始鉄道利用68%減=コロナ直撃、30年間で最低—JR6社

関連記事

横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

「回数券」は死語になる!? 鉄道回数券の相次ぐ廃止でも激安で乗る「裏技」はまだある!

新幹線「ALFA-X」&「はやぶさ10周年記念」Tシャツの予約販売開始

【youtube】天橋立駅でぶらぶらしつつ撮り鉄してみた

「西武園ゆうえんち」5/19オープン、ゴジラのアトラクションも登場

【ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路】お子様の“鉄分”補給にぴったりな鉄道ルームが誕生!